上司への出産内祝いは何を贈ればいい? 金額の目安などをご紹介

2020年12月10日

友人や親族に比べると、職場の上司への出産内祝いの品物選びは難しくなるものです。喜んでもらえるものを贈りたいと思うのは当然であるものの、何が喜ばれる品物であるかを判断するのが難しいという人もいるでしょう。


さらに、どれくらいの金額の品物を選択すべきかの問題もあります。上司への出産内祝いについての基本を紹介します。


職場の上司へ出産内祝いを贈る際の金額


出産 内祝い


会社の上司に出産内祝いを贈る場合、あまり高額になってしまうと、かえって受け取った方に気を使わせてしまうことにもなりかねません


また、社会通念上、適切な相場があるため、会社での付き合いの程度や年数、これまでにご自身が受け取ったお祝いの品やご祝儀があれば、その金額をお返しする程度の品を選ぶと良いでしょう。


いつもお世話になっている上司へ


上司から頂いたお祝いに関しては、頂いたその贈り物のおおよそ3分の1程度の金額のものでお返しするのが良いでしょう。また、稀に金額がわかりづらい贈り物(例えば室内遊具など)を頂き、後日その金額がわかった場合、あまりにかけ離れた額のお返しとなってしまっていることがあります。


その際は、改めて後日お詫びのご連絡とそのほかの贈り物と合わせてご挨拶をしましょう。


上司への出産内祝いの相場は?


出産内祝いの一般的な金額の目安は、上記でも触れた通り受け取った金額の3分の1~半額程度とされています。このあたりは、役職や付き合いなどで金額が変動するものです。もし迷う場合は、上司の顔を立てる意味で、お返しは3分の1と少なめにするのが一般的です。


また、会社の同僚が出産祝を贈ってくれた場合や、福利厚生に関する社内規定で子供が生まれた社員に出産祝いを贈る習慣がある場合、ある程度お祝い金額が決まっている場合もあります。


内祝いの品があまりに高額になってしまうと受け取るほうも困ってしまい、逆にあまりに金額が安いものですと失礼になってしまうため注意しましょう。


福利厚生の一環として会社から出産祝いをいただいた場合は、お返しの内祝いが必要ない可能性も考えられます。社内規定に詳しい人に、お返しをするべきかどうかを先に確認するのがおすすめです。


上司に出産内祝いを渡す際に注意しておきたいこと


上司に出産内祝いを贈る場合、もし可能であれば事前に上司に内祝いを考えていることを伝えておくとよいでしょう。周囲から受け取るのが慣例となっている職場であれば問題ありませんが、本当に受け取らないことを意識している上司であれば、このときの態度でわかるはずです。


また、一般的には、目上の人に現金や商品券を贈るのはNGです。


内祝いの品は直接会ってお礼の言葉とともに渡すのが最も丁寧な対応です。手渡しが難しい場合は、まず出産祝いをいただいたことへのお礼状を送り、別便で配送サービスを使って内祝いを送れば礼儀正しい印象となるでしょう。


上司への出産内祝いにおすすめの品は?



上司への出産内祝いは、現金ではなく品物を渡すのが基本です。問題となるのは、どの品物を選択するかについてです。


大成功の品物を選択しようと思うよりも、まずは失敗しない選択を心がけましょう。実用的な品物や趣味に合う品物、さらには家庭で喜ばれる高級なスイーツなど、いろいろな選択肢があります。


同時に、内祝いにはふさわしくない品物についても知っておきましょう。


実用的で仕事に使えるようなもの


実用的で仕事で使える品物を選択すれば、上司にも喜ばれることでしょう。コーヒーのギフトは、自宅でも会社でも本格的な味のコーヒーを楽しめて、くつろぎのブレイクタイムを過ごせる品物となります。


上司の趣味を知っておこう


上司の趣味に合わせて出産内祝いの品物を選択するのもひとつの方法です。たとえば料理好きならキッチングッズを贈ると喜んでもらえるでしょう。


お酒好きなら名入れグラスを選択するのもよいでしょう。お酒を楽しむ普段使いにもオシャレです。さらには、本格焼酎もピッタリの品物です。


自宅でアロマを楽しむ上司ならアロマグッズもおすすめです。好みのアロマの香りで心身ともにリラックスできる時間を過ごせます。


上司の趣味が分かっている場合は、予算内で喜ばれる品物を選択すれば失敗は少なくなるものです。趣味が分からない場合は当たり外れを避けるため、無難な品物を選択した方がよいでしょう。


家庭で楽しめるスイーツ


出産内祝いとして高級感のあるスイーツも人気があります。上司が甘いもの好きな場合はもちろん、もし本人があまり好きではないとしても、家族の方に楽しんでもらえるでしょう。


また、赤ちゃんの名入れができるギフト用のお菓子もあります。新しい家族のお披露目という意味においても適した品物です。


上司に対する内祝いで避けるべきもの


感謝の気持ちや真心が伝わる品物であるのが、上司に対する出産内祝いの品物選びの基本です。避けるべきものの第一は、先程も述べた現金や金券となります


現金や金券で欲しいものを購入できる便利さはあるものの、上司への出産内祝いとしてはふさわしくありません。どんなものをもらって喜ぶかは人それぞれですが、品がないと判断されてしまう可能性もあります。


他にも、足に履くものを目上の人に贈るのは「踏みつける」というイメージにつながるのでよくないという考え方があります。


さらに名入れギフトを贈る場合の注意点もあります。食べ物などの消耗品に名前が入っているのは問題ありませんが、食器やタオルなど形として残るものに赤ちゃんの名前が入っていると使いにくく、処分するのに困る場合もあります。


まとめ


出産 内祝い


上司への出産内祝いの品物選びにこれといった正解はないものの、何が失敗の選択となるかには基準があります。金額に関しても、相場をしっかりとわきまえておきましょう。


内祝いがなかなか決まらないときは、カタログギフトを贈るという方法があります。以前はカタログギフトは結婚式の引き出物として贈られるイメージがありましたが、近年では相手の好みに合わせて実用的な選択ができるところが重宝され、出産内祝い用としても人気です。


また、出産内祝い専用のカタログギフトなら、のし紙やラッピング、メッセージカードの種類が豊富で、マナーに沿った形式が用意されている上、さまざまなデザインの中から選べるのも魅力です。


上司に感謝の気持ちが伝わる品物を選択し、さらによりよい関係を築けるよう配慮してくださいね。



この記事へのお問い合わせはこちら >>

ギフトを探す

出産内祝い ギフトを探す

SERCH


当店一番人気は、大手メーカー公式サイトと同じモデルを卸値直販する『コスパ重視カタログギフトシリーズ』です。
百貨店や式場・ホテルで取り扱いのある、大手メーカー公式、最新版のカタログが最大52%OFF!
最大1750アイテムから好きなものが選べるので、どんな方にも喜ばれます。
割引・価格は贈り先様には分かりません。

一流ホテルや百貨店で取り扱いモデルを中心にメーカー公式最新版カタログギフトを卸値で直販!

出産内祝いに喜ばれるカタログギフト一覧はこちら
ページの一番上へ

申し訳ございません。お客様がお使いのインターネットエクスプローラーのブラウザは、当店の注文システムに対応しておりません。

ご注文をご希望のお客様はgoogleChromeまたは、Microsoft標準ブラウザのedgeでの閲覧をお願いいたします。