【出産祝いのお返し】内祝いに現金を贈ってもいい?

2020年12月10日

赤ちゃんが生まれて親戚・友人・職場の人から出産祝いをいただいたら、次に気になるのはお返しの内祝いですよね。


新米パパ・ママなら「出産内祝いの金額相場は?」「どんなギフトを贈るといい?」と疑問がいっぱい出てくるでしょう。


もしあなたが「現金・商品券を贈ったら、使い勝手がいいし喜ばれるかも」と考えているなら、ちょっと待ってください。


出産は結婚と同じように正式な慶び事。「内祝いとして現金を贈る」という行為はマナーとしてアリなのでしょうか?


今回はお返しにまつわる疑問を解決していきます。


大切な赤ちゃんの誕生を祝福してくれた人へお礼の気持ちをしっかり伝えるために、一般的な内祝いのルールを確認していきましょう。


出産祝いのお返しに現金は✕


出産内祝い


出産祝いを現金でいただけてありがたかったという人もいるでしょう。しかし、そのお返しの内祝いにこちらから現金を贈るのはマナーとしてアリなのでしょうか?


お返しは品物が定番。現金は失礼に当たる


結論を言えば、内祝いは品物を贈るのが基本とされています。


出産祝いなら「大変な時期の相手の生活を応援する」という意味で現金を贈るのは問題ありません。しかし内祝いでは、受け取る相手が助けを必要としているわけではありませんよね。


内祝いの本来の意味は「身内であったうれしい出来事のおすそ分け」ですから、現金を贈るのは生々しすぎて目的にふさわしいとは言えません。


また、贈る金額がそのまま相手にわかってしまうところも気になります。伝統を踏まえると内祝いで現金を贈るのは避けたほうがいいでしょう。


現金の代わりに商品券を贈るなら、まだ内祝いらしい雰囲気はあると言えます。


「相手の使い勝手のいいものを贈りたい」という目的なら、用途が広くて使いやすい商品券を贈るのも一つの方法です。


目上の人へのお返しには特に注意


特に、出産祝いを現金でくださった方に対して現金を贈ることは失礼に当たります。


赤ちゃんが加わった新生活を応援してあげようと現金を贈ってくれた人にに対して「余計なことをしなくてもこちらはこちらで何とかしますから」というメッセージを送ることになります。


相手はせっかくの厚意を突っ返されたような気分になるでしょう。


また、上司など自分よりも上の立場の人にも現金は贈るべきではありません。


理由は、年配の人を中心に「目上の人に現金・商品券を贈ることは失礼」という考え方が伝統的にあるからです。


現金を贈る行為は「今生活が大変ではないですか?これで何とかしてくださいね」という意味を含みます。


贈られた人がそういうメッセージとして受け取ってしまうと「目下の人から心配されるなんて」とメンツをつぶされたような気持ちになるかもしれません。


「現金でお祝いをくれた人」「目上の人」これら2つのケースには特に注意して、内祝いを現金で贈らないようにしてくださいね。


出産祝いへのお返し相場


出産 内祝い

それではさっそく内祝いの金額相場を見ていきましょう。


もらった出産祝いの3分の1~半分が目安


内祝いの相場金額は基本的に「出産祝いでいただいたものの3分の1~半分ほど」です。


この相場より高くなると相手の「応援してあげよう」という優しい思いを無下にしてしまいかねません。


さらにいただいた金額より高価なものを贈ってしまうと嫌味だと受け取ってしまう人もいるようです。


反対に相場より安すぎる場合は相手への感謝の気持ちが伝わらず、がっかりされてしまうこともあります。


お返しの金額は相手の関係により調整


それでは「いただいたものの3分の1~半額」の範囲内で、具体的にいくらにするべきでしょうか?


これは赤ちゃんの両親と、お祝いをくださった相手との付き合いの深さや関係性を考えて決めていきます。


目上の人へのお返しなら、少し甘えさせていただいて3分の1ほどの金額で内祝いを選びましょう。


部下や年下など、目下の人へ贈る場合は半返しにして年長者の余裕を見せるのがおすすめです。


自分の親からの出産祝いは、一般的な出産祝い相場よりも高額になることが多いため、相場を基準にするとお返しの負担が大きくなってしまいます。


親からの出産祝いは、お返しを期待するものではなく「今後の生活の足しになるように」と応援する気持ちの現れなので、相場に合わせなくてもいいという考え方が一般的です。


その代わり、感謝の気持ちを込めたお返しのプレゼントを考えることをおすすめします。


現金と品物をもらった場合のお返し


この場合は現金の額と品物のおおよその代金を合わせた総額を元にお返し予算を決めましょう。


品物の金額についてはインターネットで検索すると似た品物が見つかります。類似品を参考にしてだいたいの金額を予想してもかまいません。


出産祝いのお返しを贈る時期


出産内祝い


内祝いを贈る時期についても確認していきましょう。


産後1ヶ月を過ぎた頃に贈ろう


内祝いを贈るベストタイミングは産後1ヶ月~2ヶ月とされています。


赤ちゃんが生まれて1ヶ月頃はちょうどお宮参りの時期です。お宮参りで地元の神様に赤ちゃんの誕生を報告してから内祝いの品を贈るのが一般的です。


お祝いを贈る側の人もこのタイミングを目安にしますから、生後1ヶ月が経つまでにお祝いを届けてくれる人は多いはずです。


内祝いはあまり遅くならないように準備するのがマナーです。あまりに遅くなってしまうと、お祝いを贈った人が「お祝いはちゃんと届いたのかな」「お祝いの品物が気に入ってもらえなかったのかな」と、不安に思ってしまうかもしれません。


また、内祝いを贈る時期があまりに遅れすぎると、相手が忘れていて「なんのプレゼントだろう?」と不審に思われてしまう可能性もあります。


母子の状態が落ち着いてからでOK


内祝いを贈るベストタイミングを確認しましたが、出産してすぐは新しい生活に慣れていないので、準備は想像以上に大きな負担になるかもしれません。


またママや赤ちゃんの体調がすぐれず入院が長引くなど、内祝いどころではない場合もあるでしょう。


母子の体調が整っていないなら無理は禁物です。そんな場合は時期を遅らせ、贈り物に添えるお礼状に遅くなった理由を一言書き添えておきましょう。


事情を一言説明すれば、相手にマナー違反と思われることはないでしょう。


大勢へのお返しは選び方に注意


出産 内祝い


出産祝いは複数の人からいただくことが多いですから、内祝いの品を準備して一斉に贈る手配をするのは大きな労力がかかります。


先方の好みを一人ずつ考えるのは大変ですし、仕事関係の人ならそもそも好みをよく知らないこともあるでしょう。


それからもう一つ、注意しておきたいのが送料の負担です。送る相手が多いと配送サービスの金額もあなどれません。


これらの解決策として、まずは送料無料サービスのあるギフトショップかどうかを確かめてから購入しましょう。


さらに、カタログギフトを贈れば先方が自分で欲しいものを選んで受け取れますから、贈る側が「何がいいだろう」を頭を悩ませる必要がないのも嬉しいポイントです。


産後1ヶ月のママさんは新生児のお世話で大変な時期であり、まだ体力が回復しきっていないことも多いもの。品選びに時間をかけたり無理をすることは避けたいものです。


スマートに送れて先方にも満足してもらえる方法として、カタログギフトは賢い選択肢となるでしょう。


「どんなギフト商品があるのかをまず確認したい」という時は、無料サンプルを請求してみることをおすすめします。


まとめ


出産内祝い


今回は、お返しの内祝い相場がいくらか、お返しに現金を贈ってもよいのかを確認しました。


内祝いで現金を贈るのは基本的に避けたほうが無難と心得ておきましょう。とくに目上の人に対して現金や商品券を贈るのはNGです。


自分の親へのお返しなら、赤ちゃんの名入れギフトが喜ばれるでしょう。また、かわいい孫とふれあう時間を作りに実家を訪れると何より嬉しい親孝行になりそうです。


内祝いは「めでたいことのおすそ分け」という基本を踏まえ、お祝いしてくれた相手への感謝を込めて気持ちよく受け取ってもらえる贈り物を選びましょう。


今回お伝えした情報をぜひ参考にしてくださいね。



この記事へのお問い合わせはこちら >>

ギフトを探す

出産内祝い ギフトを探す

SERCH


当店一番人気は、大手メーカー公式サイトと同じモデルを卸値直販する『コスパ重視カタログギフトシリーズ』です。
百貨店や式場・ホテルで取り扱いのある、大手メーカー公式、最新版のカタログが最大52%OFF!
最大1750アイテムから好きなものが選べるので、どんな方にも喜ばれます。
割引・価格は贈り先様には分かりません。

一流ホテルや百貨店で取り扱いモデルを中心にメーカー公式最新版カタログギフトを卸値で直販!

出産内祝いに喜ばれるカタログギフト一覧はこちら
ページの一番上へ

申し訳ございません。お客様がお使いのインターネットエクスプローラーのブラウザは、当店の注文システムに対応しておりません。

ご注文をご希望のお客様はgoogleChromeまたは、Microsoft標準ブラウザのedgeでの閲覧をお願いいたします。