出産内祝いはいつまでに贈る?適切な時期+遅らせるマナー

2020年12月10日

赤ちゃんが生まれてからは生活環境が大きく変わり、新米ママ・パパは育児に大忙し。


「出産祝いをいただいた方に内祝いを選んで贈らないと」と気になりながらも、贈る時期やマナー、内祝いに適した品物など、よくわからないことが多くて不安になりますよね。


本来の「内祝い」の意味は、一族におめでたいことがあると周りの人にも幸せをお裾分けするために配る贈り物のことだったそうです。


正式な慶事である出産祝い。お返しである内祝いにも伝統的なしきたりがあります。


贈り物は、贈る時期もマナーのひとつです。適切なタイミングを確認し、赤ちゃんの誕生を祝ってくれた人へ失礼のないように対応しましょう。


出産内祝いをいつまでに贈るか確認


出産 内祝い


「内祝いっていつまでに贈るか決まりはあるの?」「遅くなるとマズい?」「早すぎるのもよくない?」など、タイミングの目安がわからないと心配ですよね。


迷った時は出産祝いにまつわる行事の流れを知っておくと、今後の計画が立てやすくなります。


内祝いを贈るのにベストの時期や、遅れてしまった場合の対処法をご紹介します。


出産祝いをいただく時期


赤ちゃん誕生の知らせを受けた親戚・友人・知人は、出産後七日目の「お七夜」から「お宮参り」の間に出産祝いを贈るのがマナーとされています。


「お七夜」は生後7日後に赤ちゃんの命名札を飾ってお祝いする行事で、「お宮参り」は生後1ヶ月後に神社へお参りする行事です。


つまり、赤ちゃんの両親が出産祝いを受け取るのは、基本的に生後7日後から1ヶ月の間となります。


出産内祝いを贈るベストなタイミング


内祝いを贈るのは、もちろん出産祝いをもらった後のことです。


もともとはおめでたい幸せのおすそ分けだった内祝いですが、現代では「いただいたお祝いへのお返し」という認識が広がっています。


出産祝いを受け取るのが生後1ヶ月のお宮参りの頃までですから、出産内祝いはお宮参りが済んですぐ、遅くとも1ヶ月以内をメドに贈ると良いでしょう。


出産祝いをもらった時期が遅かったら?


中には出産祝いが遅れ、お宮参りが終わった後に届くこともあります。その場合は出産祝いをいただいた日から1ヶ月以内を目安に、内祝いを贈れば問題なないでしょう。


内祝いが遅れたらすぐに準備とお詫びを


出産後のバタバタの中でたくさんの人たちからお祝いをもらい、お返しの用意が遅れてしまったり、お返し漏れが発生することがあります。


もし内祝いを贈るのが遅れていることに気づいたら、早急に準備して贈りましょう。


相手は「出産祝いを贈ったけど、いつ連絡が来るのか」「ちゃんと届いたのだろうか」「もしかしたら出産祝いが気に入らなかった?」などと心配してしまいます。


内祝いの品には遅くなったことをお詫びする手紙を添えて、相手に不愉快な思いをさせることのないように注意しましょう。


内祝いの準備が負担になるなら無理は禁物


内祝いはいただいた出産祝いへの感謝を表す正式な贈り物ですから、相手の好みに合わせた品を選んだりのし紙の体裁を整えたりお礼状を書くなどの心くばりもマナーのうちです。


しかし、産後しばらく赤ちゃんやママさんの体調がすぐれないなどの事情で、「内祝いの準備を進めたいけど、それどころではない」というケースもあるでしょう。


そんな時はあくまでも母子の健康が第一です。


落ち着いたらあらためてお返しの品を準備し、品物に添えるお礼状に遅くなった事情とお詫びの言葉を一言添えておけば相手も理解してくれるでしょう。


カタログギフトは赤ちゃんのママに優しいギフト


内祝いの準備には体力も時間も使うもの。ママさんに負担がかかりそうなら、相手に好きな贈り物を選んでもらえるカタログギフトを贈ることをおすすめします。


カタログギフトは受け取った人がたくさんの品揃えの中から欲しいものを選べるのが大きな特徴です。贈る側が「あの人には何が喜ばれるかな」と迷う必要がありません。


インターネットのギフトショップなら、赤ちゃんらしい可愛いデザインののし紙や、お礼状の文例を豊富に用意しているところもあります。


「どんなギフト商品が掲載されているのかわからないから贈るのが不安」というときは、まず無料サンプルを請求して中身を確認するといいでしょう。


内祝いは複数の人に一斉に贈ることが多いもの。準備の労力を軽減したいときにはカタログギフトを上手に活用してみてはいかがでしょうか。


内祝いを遅らせるケースとは?


出産 内祝い

先ほど述べたように、出産内祝いは生後1ヶ月から2ヶ月の間に贈るのが一般的です。


では、生後3ヶ月以上経ってから贈るのはどうでしょう?


マナーにくわしい人なら「遅すぎる」と感じるはずですが、場合によってはあえて遅らせるケースもあります。


それは赤ちゃんのお披露目会を計画している場合や、弔事と重なってしまった場合です。


ここからはお返しを本来の時期よりも遅らせるケースを確認します。


お披露目会は内祝いを贈るチャンス


生後3ヶ月以降に贈るケースで考えられるのは、内祝いを兼ねた赤ちゃんのお披露目会を開く予定がある時です。


お披露目会の予定を立てて、出産祝いをくださった方々を招いているなら、お返しを贈るのが3ヶ月を過ぎても問題ありません。


しかし、特にお披露目会を予定していないなら、内祝いが遅れることについて早めに先方に連絡を入れ、すぐに贈ることをおすすめします。


お披露目会で贈るときの注意


赤ちゃんのお披露目会で出産内祝いを贈る場合、お披露目会の引き出物と、本来の内祝いの品は分けて用意しましょう。


お披露目会の引き出物は「お披露目会にわざわざ来ていただいたことへの感謝の品」であり、内祝いの品は「いただいた出産祝いへのお礼の品」です。


お披露目会と内祝いの名目を混同せず、それぞれにきちんとお返しの品を贈りましょう。


内祝いがタブーの時期:お盆や忌中


お祝い事や赤ちゃんのお披露目会など、めでたい行事を避けなければいけないタイミングがあることをご存知ですか? 代表的なのが「お盆」です。


お盆にはご先祖様の魂があの世から帰ってくるとされており、ご先祖様を供養する時期です。お盆の期間中にお祝い事を行うのは基本的にNGとされています。


また親しい親族が最近亡くなって「忌中」の期間なら、内祝いを贈るべきではありません。


忌中にタイミングが重なってしまった場合、四十九日法要が終わって忌明けを迎えた後に贈りましょう。


慶事と弔事が重なったら、弔事を優先するのがマナーの基本です。


お祝いの行事は日を改めて行うこともできますが、最後のお別れの儀式はその時にしかできないからです。


内祝いを贈る時期やお披露目会を開くタイミングには十分注意しましょう。


まとめ


出産 内祝い


内祝いを贈るのに適切な時期や、遅れてしまったときの対処法、あえて内祝いを遅らせるケースについてご紹介しました。


マナー全般に言えることですが、これで間違いないといったものはなく、地域による風習の違いもあります。


周囲の人の意見も聞きながら、赤ちゃんの誕生を祝ってくれた人たちに気持ちよく贈り物を受け取ってもらえるよう対応しましょう。


赤ちゃんのお披露目会を開くのがあらかじめ決まっているなら、内祝いが産後1ヶ月以上を過ぎてもマナー違反ではありませんから、内祝いが遅くなることをお詫びする必要はありません。


内祝いが遅れてしまった場合との対処法と間違わないようにしましょう。


今回ご紹介した情報を参考に、素適な「喜びのおすそ分け」を贈ってくださいね。



この記事へのお問い合わせはこちら >>

ギフトを探す

出産内祝い ギフトを探す

SERCH


当店一番人気は、大手メーカー公式サイトと同じモデルを卸値直販する『コスパ重視カタログギフトシリーズ』です。
百貨店や式場・ホテルで取り扱いのある、大手メーカー公式、最新版のカタログが最大52%OFF!
最大1750アイテムから好きなものが選べるので、どんな方にも喜ばれます。
割引・価格は贈り先様には分かりません。

一流ホテルや百貨店で取り扱いモデルを中心にメーカー公式最新版カタログギフトを卸値で直販!

出産内祝いに喜ばれるカタログギフト一覧はこちら
ページの一番上へ

申し訳ございません。お客様がお使いのインターネットエクスプローラーのブラウザは、当店の注文システムに対応しておりません。

ご注文をご希望のお客様はgoogleChromeまたは、Microsoft標準ブラウザのedgeでの閲覧をお願いいたします。