出産内祝いと出産祝いの違いは?内祝いとお返しとの違いも確認!

2021年3月24日

「出産内祝い」と「出産祝い」はよく似た言葉ですよね。しかし、これらは贈る立場やその意味がまったく違うため、正式な贈答のやりとりに慣れていない人は注意が必要です。


さらに「内祝い」は「お返し」という意味で贈られることも多いものですが、本来この2つにはまったく違った意味があります。それぞれにはどんな違いがあるのか、確認していきましょう。


出産内祝いと出産祝いの違い




まずは「出産内祝い」と「出産祝い」の違いから確認していきます。両方とも「出産」に関連する「お祝い」であることは字から読み取れますが、これらにはいったいどんな違いがあるのでしょうか。


出産祝いは子供が生まれたことへの祝福


「出産祝い」とは、「赤ちゃんが無事に生まれました」という報告を聞いた人がお祝いに贈るものです。贈る側の人には、親戚・友人・仕事の関係者などが多いでしょう。「無事に出産できたんだね、おめでとう!」といった祝福の気持ちを込めて贈ります。


また、親戚であれば身内にあった喜ばしい出来事なので、「無事に生まれてきてくれてありがとう!」という気持ちも込められているでしょう。


出産内祝いは出産祝いのお返しに贈るもの


「出産内祝い」は、赤ちゃんが生まれた側から贈るものです。

赤ちゃんの両親が、出産のお祝いをしてくれた人たちに「子供の誕生を祝福していただいてありがとうございます」「これからもご支援よろしくお願いします」といった感謝の気持ちを込めて贈ります。


近年では「出産内祝いは、出産祝いの返礼品」という認識が広く浸透していますが、本来の内祝いは「お返し」とイコールの意味ではありませんでした。その内容についてくわしくお伝えします。


内祝いとお返しとの違い


出産 内祝い


それでは、さっそく「内祝い」と「お返し」との違いを確認していきましょう。


お返しはもらったものに対する返礼


「お返し」とは、人から物をもらったなど「お礼をするべきだ」と思ったときに、相手に品物などを贈り返すことです。まずは相手に何かしてもらい、その返礼として贈るのがお返しの意味です。


そのため「自分がプレゼントをしたいから贈る」という自主的なイメージの言葉ではないとされています。


内祝いは「幸せのおすそ分け」


本来「内祝い」は「お返し」として贈るものではありません。昔は親族や近所の人たちに「無事に赤ちゃんが生まれました」と伝えて赤ちゃんのお披露目をするために贈り物をしていたことに由来します。


また「内祝い」という言葉には「身内であったおめでたい出来事のおすそ分け」という意味もあります。


本来出産祝いを貰わなくても贈るもの


そのため、本来の意味で考えると、内祝いとは「出産祝いをもらっていなくても贈るもの」なのです。相手から出産祝いをもらったかどうかにかかわらず、「出産しました」と報告し、内祝いを贈って一緒に喜びあう慣習が過去にありました。


最近では意味合いが変化している


ただし、最近では「出産祝いをもらったからその返礼として贈るもの」というイメージが強くなっていますよね。本来の意味合いを考えて出産の報告をした人全員に贈ると、出産祝いを贈っていない人は「なぜ贈ってくれたんだろう?」と不思議に思われることがあります。


本来ならその対応が正しいのですが、広く知られている認識と食い違いがあるためややこしいですよね。実質どちらも正解ではあるため、どちらにするかは個人の判断によります。


内祝いにもいろんな種類が


「内祝い」には赤ちゃんを出産したときの「出産内祝い」のほかにも種類があります。


結婚したことの報告を兼ねて贈り物をする「結婚内祝い」、新築物件を購入したときにいただく新築祝いへのお礼である「新築内祝い」、快気祝いはまだできないけれどお見舞いのお礼をしたいときの「快気内祝い」などです。


出産内祝いののしは誰の名前に?


出産 内祝い


内祝いののし紙には「誰から贈ったものか」がわかるように名入れ部分に名前を書きます。


「出産祝いを受け取ったのは両親だからここには両親の名前を書くのかな?」と思うかもしれませんね。


しかし、のし紙に書くのは赤ちゃんの名前が基本です。「赤ちゃんのお披露目」という意味と、「赤ちゃんからの初めての感謝を贈る」という意味があります。


まとめ




今回は「出産内祝いと出産祝いの違い」、「内祝いとお返しの意味の違い」、「内祝いののし紙には誰の名前を書くか」を確認しました。


「出産内祝いと出産祝いの違い」は分かりやすいですが、「内祝いとお返しの意味の違い」は、内祝いをお返しとして贈っている人が多いため「結局違いはあるの?」と思う人もいるでしょう。


しかし、「内祝い」というと「自主的にお礼をする」イメージですが、「お返し」というと「仕方なくお返しする」というイメージもあるためお祝い事にふさわしくないのです。これらを参考にして、相手に喜ばれる、感謝を込めたお祝いを贈りましょう。



この記事へのお問い合わせはこちら >>

ギフトを探す

出産内祝い ギフトを探す

SERCH


当店一番人気は、大手メーカー公式サイトと同じモデルを卸値直販する『コスパ重視カタログギフトシリーズ』です。
百貨店や式場・ホテルで取り扱いのある、大手メーカー公式、最新版のカタログが最大52%OFF!
最大1750アイテムから好きなものが選べるので、どんな方にも喜ばれます。
割引・価格は贈り先様には分かりません。

一流ホテルや百貨店で取り扱いモデルを中心にメーカー公式最新版カタログギフトを卸値で直販!

出産内祝いに喜ばれるカタログギフト一覧はこちら
ページの一番上へ

申し訳ございません。お客様がお使いのインターネットエクスプローラーのブラウザは、当店の注文システムに対応しておりません。

ご注文をご希望のお客様はgoogleChromeまたは、Microsoft標準ブラウザのedgeでの閲覧をお願いいたします。