年間実績2,000件以上 想いを届けるギフトショップ

カード払い・代引き・銀行。最大52%FF、全国送料無料、最短即日出荷

フリーダイヤル 0120-370-777

月~金 9時30~17時

お問い合わせフォーム

最短で即日出荷

ただ今のご注文で

/
()

出荷

出産祝いはママが 欲しいものを!リクエストの聞き方とおすすめギフト

2020年10月29日

友達や同僚に赤ちゃんが生まれ、出産祝いを準備しようと調べだすと、「いろんな商品・情報がありすぎて迷ってしまう……」。

そんな時には、赤ちゃんのママさんに直接欲しいものを聞いてみるのが一番!でも気になるのは「失礼にならない?」「遠慮させないかな?」ということ。

そこで今回は、出産祝いを贈る側・贈られる側、両方の立場から「欲しいもののを上手に聞き出す方法」「上手にリクエストする方法」をご紹介します。

お祝いマナーの他、人気アイテムや子育てに役立つグッズなどの情報もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

出産祝いは欲しいものリクエストを聞こう


出産祝い

相手に本当に喜ばれる贈り物を探すのはなかなか大変です。せっかくのお祝いですから、ママさんが本当に欲しいもの、もらって嬉しいと思ってもらえるアイテムを贈りたいですよね。

実は出産祝いのプレゼントに関しては、本人に欲しいものを確認するのがおすすめ。

贈ってもらう側は確実に欲しいものがもらえますし、贈る側も上手にリクエストを聞き出せば、自信をもって出産祝いを贈れます。

出産祝いがかぶるのを避けるためにも聞いておこう


出産祝いのリクエストを聞くのは決してマナーとして失礼なことではありません。むしろプレゼントの失敗を防げるので、ぜひ積極的にママさんの希望を聞いてみてください。

たとえば、ベビーカーやベビーベッドなど、ベビー用品の中にはひとつだけあれば十分なものもたくさんあります。出産祝いとして贈ったのに「すでにママ・パパや親族が用意していた」となったら、場所を取るだけで無駄になってしまいますよね。

出産祝いがかぶるのはよくあること。そんなリスクを回避するために、欲しいものリクエストは積極的に聞くことをおすすめします。

2、3人目なら特にママの欲しいものを聞くべし


生まれた子供が2人目、3人目の子供である場合は、特に欲しいものを聞いておいた方が良いでしょう。

2、3人目の子供なら、上の子が赤ちゃんだった時に使っていたものをお下がりでそのまま使うことが多く、ほとんどのベビー用品はすでに家に揃っているはずです。

そこでママに、壊れたり汚れたりしてまた必要になっているベビー用品がないか、教えてもらいましょう。

出産祝いを選ぶのが難しくなっているからこそ、本人たちが欲しいものをリクエストしてもらったほうが確実に喜ばれるものを贈れます。

欲しいものをリクエストしやすい気遣い


出産祝い

それではどのようにリクエストを聞くと本人が欲しいものを言いやすいのでしょうか?聞き方やタイミングについて確認していきましょう。

直接ではなくメールで聞こう


新米ママ・パパになったばかりの相手側は新生児を抱えてとても忙しい時期です。

電話をかけたり直接会って聞くというやり方ではわざわざ時間を取らせてしまうので、相手の負担になってしまうかもしれません。

本人に出産祝いで欲しいものを聞くなら、相手の都合の良いタイミングで返事ができるメールにしましょう。

メールなら、受け取った後でインターネットなどで欲しい商品をしっかり検討してからリクエストしてもらえるでしょう。

メールを送る際は、「手が空いたときに返事をしてくれたらいいよ」と一言添えるなど、相手をせかさない気遣いをするのがポイントです。

赤ちゃんのお世話で忙しいママは、そんなちょっとしたことでもホッとしてくれるかもしれません。

欲しいものを聞くタイミング


リクエストを聞くのは赤ちゃんの産後1週間くらい経ってからを目安にしましょう。

聞く相手が赤ちゃんのママなら、出産したすぐ後だと疲れ切ってまだ体力が戻っていないことが多いものです。

また、パパのほうも生活環境が変わって落ち着かない状況だと思われます。

赤ちゃんの名づけを行う「お七夜」を過ぎる頃、1週間ほど経てば少し余裕が出てくるので、この時期にリクエストを聞きましょう。

これ以上遅くなると、今度は自分が贈り物をじっくり選ぶ時間がなくなってきますから、このくらいのタイミングがベストと言えます。

出産前にリクエストを聞くのはNG


出産祝い

出産祝いのリクエストを聞くのにいちばん避けるべきタイミングは出産前です。

出産はお母さんも赤ちゃんも無事かどうかわからない命がけのことで、ナーバスになっているのが普通です。

不安になっているお母さんにプレッシャーを与えることになりかねず、また無事ではなかった場合により悲しませることになります。

出産祝いの予算を伝えるとイメージしやすい


リクエストを聞いた時、どのくらいの予算なのかが分からなければ相手も上手く答えられません。

ママさんとしては「高いのをリクエストされた、と思われたら嫌だな」と遠慮して、欲しい物を素直に言えないということもあり得ます。

安価で無難なものしか言いにくくなるかもしれませんし、逆にこちらが思っていたよりも高いものが欲しいと言われる可能性もあります。

何が欲しいのかを聞くときには自分が用意できる金額の目安をだいたいでもいいので伝えましょう。

連名で贈る時は人数も伝えよう


友人や同僚など、まとめて連名で出産祝いを贈る場合は、お祝いに参加する人数も伝えておきましょう。皆さんの名前も伝えておくことをおすすめします。

まとめて贈る場合にも、リクエストを聞くのであればお祝い金額の総額の目安を伝えておきましょう。

候補を挙げれば相手が選びやすい


それでも遠慮して欲しいものを言えないママさんもいるでしょう。また、何が欲しいかすぐに思いつかずに、つい「なんでもいいよ」と言ってしまうこともありがちです。

そんなときには、こちらから先に良さそうな候補を数個ピックアップしておくと良いでしょう。数個の中から選ぶならグンとリクエストしやすくなります。

初めての出産で何が欲しいかすぐに思い浮かばないママさんも、「そうか、これからそういうものも要りそうだな」と、具体的に欲しいものをイメージしやすくなるでしょう。

出産祝いは何でもいいと言われたら


出産祝い

欲しいもののリクエストを聞いてみたけれど「なんでもいいよ」と言われることもあるでしょう。そんなときにおすすめのプレゼントについてご紹介します。

人気の出産祝いプレゼント


プレゼントを贈る相手の欲しいものについて情報が聞き出せなかった時には、多くの人から支持される人気のアイテムを贈ると良いでしょう。

また、相手と会うときの服装や持っている小物などを思い出すなど、好みをなんとなく想像するだけでもギフト選びの良いヒントになるはずです。

おむつやおしりふきなどの消耗品


おむつやおしりふきなどの消耗品は、どれだけあっても困ることはありません。

おむつケーキなどのギフトセットをかわいいラッピングにすれば、見栄えのする素敵な贈り物になります。

このような消耗品なら、すでにママさんが用意していたとしても、他の人たちとプレゼントがかぶっても大丈夫。毎日必ず使うものは実用性があるので安心して贈れます。

ただし、「生後しばらく経ってから出産祝いに新生児用のおむつをもらったけど、すでにサイズが合わなかった」というケースもあるので、サイズ選びには十分注意してください。

おくるみなどの衣料品


おくるみやスタイ・肌着・ベビー服・ブランケットなども人気の高いアイテムです。赤ちゃんが触れるものなので、オーガニックコットン素材で柔らかく、赤ちゃんの肌に優しいものを選びましょう。

スタイやタオルも、洗い替えがいくらでも欲しいものなのでおすすめです。ブランド物でおしゃれなデザインのスタイなら、赤ちゃんのお出かけ用として大切に使ってもらえるでしょう。

>> 関連記事『出産祝いに喜ばれる定番はこれ!おすすめベビー服ブランド』へ >>

おもちゃや絵本


おもちゃや絵本などはお祝いで贈って喜んでもらえるアイテムの一つです。色鮮やかなものだと赤ちゃんの興味をひきやすいでしょう。

絵本は読み聞かせを楽しんでもらえそうな仕掛けがされているものがおすすめです。また簡単な短い文章のものを選ぶようにします。単純なセリフ、動作などを繰り返すものも赤ちゃんの興味を引きやすいでしょう。

おもちゃは音のなる仕掛けがあるものが興味を持たれやすいようです。

積み木なら大きくなってからも遊んでもらえるので長く活躍するアイテムになるでしょう。また、近年は知育玩具も注目を集めています。

>> 関連記事『出産祝い用カタログギフト★メリットと選び方』へ

★人気の出産祝い用カタログギフト紹介★



【  選べるカタログギフト「えらんで Bady」】


出産祝い出産祝い
出産祝い

【ハーモニック「選べるカタログギフト えらんで Bady」シリーズ】



  • ■「きらきらコース」3,800円(税抜価格・システム料込)

  • ■「わくわくコース」5,800円(税抜価格・システム料込)

  • ■「にこにこコース」10,800円(税抜価格・システム料込)

  • ■「にこにこダブルチョイスコース」21,600円(税抜・システム料込)

  • ■「にこにこトリプルチョイスコース」32,400円(税抜・システム料込)


<このカタログギフトの特徴>


さまざまな出産祝いランキングで常連の人気カタログギフト。「ミキハウス」「ボーネルンド」「ル・クルーゼ」「ジェラートピケ」「ヴェレダ」など有名ブランドのかわいいベビー服・ベビーアイテムを掲載しています。離乳食用の調理器などママ・パパ向けのギフトページも充実。さらに「ベビー&ファミリー写真撮影」など、素適な思い出になる体験ギフトも取り扱っています。

ベビー用グッズは月齢ごとに分けられ、成長に合わせて迷わず選べる構成。双子・三つ子の赤ちゃんにおすすめの、2品・3品を選べるコースもあります。

愛らしいイラストの表紙で、小さな子供のお誕生日やクリスマスプレゼントにもぴったりです。

「えらんで Bady シリーズ」のデジタルカタログはこちら >>


★ママ向け:女性に人気のカタログギフト★



【 選べるカタログギフト「やさしいきもち。」】


出産祝い やさしいきもち

出産祝い

出産祝い

【ハーモニック「選べるカタログギフト やさしいきもち。」シリーズ】



  • ■「ふんわりコース」3,800円(税抜・システム料込)

  • ■「ゆったりコース」5,800円(税抜・システム料込)

  • ■「ほっこりコース」10,800円(税抜・システム料込)


<このカタログギフトの特徴>


「出産お疲れさま」の気持ちを込めてママさん向けのギフトを贈るのも素適な方法です。これからの新生活に期待と不安が入り混じっているママさんは、自分への励ましにホッとするようです。

「選べるカタログギフト やさしいきもち。」は自然派の女性に喜ばれるアイテムをセレクトしているのが特徴です。ナチュラル素材にこだわるオーガニックコスメ・美容グッズ・ファッションアイテム・インテリア・国産グルメセットなど幅広いジャンルの商品を集めた、女性の気持ちに優しく寄り添う商品ラインナップ。雑誌のようなおしゃれなデザインで、ギフトを選ぶ楽しさが広がります。

忙しい育児の合間のリラックスタイムに、食べ物に気を遣う授乳期間中に、ママさんへのご褒美グッズ満載のカタログギフトを眺めることで、ショッピングに出掛けるようなワクワク気分を楽しんでもらえるでしょう。

「やさしいきもち。シリーズ」のデジタルカタログはこちら >>


★売れ筋No.1:人気のカタログギフト紹介★



【<お得な卸価格> 割引カタログギフトシリーズ】


出産 内祝い

出産祝い
出産 祝い
出産 祝い

【「メーカー公式・割引カタログギフト」シリーズ】



  • ■「1,960円コース(2,800円コースの30%割引)」(税抜価格・システム料込)

  • ■「10,586円コース(15,800円コースの33%割引)」(税抜価格・システム料込)

  • ■「24,384円コース(50,800円コースの52%割引)」(税抜価格・システム料込)

  •  価格帯別に全15コースをご用意しています。


<このカタログギフトの特徴>


★「予算内でワンランク上のプレゼントが贈れた」と、多くのお客様からご好評をいただいている当社の売れ筋カタログギフトです。

★メーカー公式・最新版のカタログギフトをネット直販ならではの卸価格でご提供。

★出産祝い用にデザインされた可愛いのし紙など、ラッピングサービスも豊富にご用意しています。

「割引カタログギフトシリーズ」のデジタルカタログはこちら >>



ママ側:出産祝いで欲しいものはこう伝えよう


出産祝い

ここからはパパ・ママ側の立場で、欲しいもののリクエストを聞かれたらどう答えると相手に伝わりやすいか確認していきましょう。

出産祝いで「欲しいものリスト」を作っておく


出産祝いで欲しいものについて、あらかじめ複数の候補を考えておくのもおすすめです。きっと何人かは出産祝いで「何が欲しい?」と、聞いてくれる人がいるからです。

相手が用意してくれる予算はまだ分からないので、欲しいものは価格帯を変えていくつかリストにしておけば、迷うことなく返事ができます。相手は自分の予算の中で用意できそうなものをその中から選んでプレゼントしてくれるでしょう。

また、「他の人たちと被らないようにひとつだけ欲しいものを伝えておきたい」という場合はもちろんその欲しいものを伝えましょう。ただし、相手に予想以上の負担をかけないよう、まず予算を聞いからにする心くばりが必要です。

種類やサイズ、好みの色などを具体的に


これは欲しいものがはっきりしている場合です。

せっかく欲しいものを伝えても、実際に贈られた時に「欲しいのはこっちの色じゃなかったんだけどなあ」「あのブランドのものが欲しかったな」という結果になっては残念ですよね。

欲しいもののメーカーやサイズ、好きな色などを具体的に伝えておくと相手も迷うことなく選べるでしょう。

相手の予算内だと分かれば「このアイテムが欲しい」と、ネットショッピングなどのページを見せるのも良いでしょう。

リクエストが思い浮かばないとき


それでもリクエストしたいものが思い浮かばないということもあるでしょう。

「なんでもいいよ」と言うのもいいですが、せっかく相手が自分に合ったものを贈りたいと配慮してくれているので、自分のだいたいの好みだけでも情報を伝えておくのがおすすめです。

たとえば、好きな色、好きな服装のテイストや、反対にあまり好きではないものを挙げるだけでも相手の参考になります。

また、すでに準備してあるベビー用品を伝えておくと、後で出産祝いがかぶってしまう心配がありません。

先輩ママ・パパの知恵を借りる


贈ってくれる相手がすでに育児を経験している人なら、「実際に便利だったおすすめの育児グッズを贈ってください」と頼むのもおすすめです。

お祝いリクエストを聞いてくれた先輩ママ・パパに「もらって嬉しかったものは何でしたか?」と逆に聞いてみると、とてもいいアイデアを教えてもらえるかもしれません。

 

まとめ


出産祝い 服

出産を祝うギフトは本人のリクエストを聞いてもいいのか、リクエストを聞かれたときにはどのように答えたらいいのかについて解説しました。

聞くタイミングとして一番いいのは、赤ちゃんが生まれてから1週間くらいの時期。メールで予算を伝えた上で欲しいものを聞くのがおすすめです。

また、欲しいものを聞かれた側は欲しいものがあれば遠慮せずおねだりしましょう。思い浮かばないときには今すでに用意してあるものを伝えるだけでも参考になり、贈る側も「プレゼントがかぶったらどうしよう」と余計な気を使わなくて済みます。

相手に欲しい物を聞いても遠慮して「なんでもいいよ」と答えるなら、後で家族でじっくり好きなものを選べるカタログギフトを贈るという方法がおすすめです。

自分でベビーグッズを選ぶと迷ってしまう人や、相手の好みがわからない時、2人目の赤ちゃんなので本人たちが確実に欲しいものを贈ってあげたい人は、カタログギフトを上手に活用してみることをおすすめします。

>> 関連記事『出産祝い用カタログギフト★メリットと選び方』へ

この記事へのお問い合わせはこちら >>

ギフトを探す

出産祝い ギフトを探す

SERCH

アーツギフトなら出産祝い用のラッピング全114種類が全て無料!心を込めて丁寧にお包みし、最短即日発送、全国送料無料で、お祝いの想いを届けます。
当店一番人気は、人気有名ブランドのベビーグッズ最大225点掲載の、出産祝い用カタログギフト『えらんで』シリーズ。
『赤ちゃんを連れてお出かけしなくていい』『遠方の方へプレゼントしやすい』『パパママ2人で必要なものを選んでもらえる』と大人気です。

一流ホテルや百貨店で取り扱いモデルを中心にメーカー公式最新版カタログギフトを卸値で直販!

出産祝いに喜ばれるカタログギフト一覧はこちら
ページの一番上へ

申し訳ございません。お客様がお使いのインターネットエクスプローラーのブラウザは、当店の注文システムに対応しておりません。

ご注文をご希望のお客様はgoogleChromeまたは、Microsoft標準ブラウザのedgeでの閲覧をお願いいたします。