「結婚&出産」内祝いを2つ同時に贈るなら、お返しののし紙はどう付ける?

2020年12月10日

おめでた婚カップルなど、結婚祝いと出産祝いのプレゼントを同時にもらうケースがあります。


その場合、お返しの「結婚内祝い」と「出産内祝い」の両方を贈ることになりますが、2つのお祝い事を一つにまとめてお返しするのはマナー違反になるのでしょうか?


また、「結婚祝いのお返しが遅れてしまった。出産祝いのお返しと一緒に贈ろうか」と考えている人もいるでしょう。


あるいは「出産内祝いに、商品券とプレゼントの2つをまとめて贈りたい」というケースもあります。


「複数のお返しを同時にまとめて贈ってもOK?」「2つ贈るなら、のし紙はどう付ける?」


今回はこんな疑問について確認していきます。


出産と結婚の内祝い、同時にまとめるのはNG


出産内祝い


おめでた婚などで結婚内祝いと出産内祝いを同時に贈りたい場合にはどうすればよいのでしょうか。


一緒にせず、それぞれの名目ごとに贈ろう


結婚内祝いと出産内祝いを同時に贈りたいとしても、元はそれぞれ違う名目でいただいたものです。


一つにまとめてお返ししまうと横着したような印象を与え、相手に「失礼だな」「手抜きされたみたい」と思われるかもしれません


たとえお返しのタイミングが同時になってもまとめて一緒にせず、それぞれの名目ごとに2つ準備して贈るのが礼儀正しい対応と言えるでしょう。


内祝いを「お返し」と呼んではいけない理由


現代では内祝いを「もらったお祝いへのお返し」と考えている人が多くなりましたが、もともとの意味は違います。


内祝いとは、昔から「身内にあった喜ばしい出来事を周りの人におすそ分けする」という意味合いで贈るものでした。つまり、出産祝いをいただいていない人にも内祝いを贈っていたのです。


時代の流れとともに「お祝いをいただいたお返しに贈るもの」という認識が広まっていきましたが、昔の名残で「内祝いを贈る」という言い方は受け継がれています。


「お返し」と表現してしまうと「もらったから返す」という義務的なニュアンスも含まれ、せっかくお祝いをくれた相手に失礼に当たります。


贈るときには「内祝いをお贈りします」「お礼の品をお受け取りください」などの表現に言い換えましょう。


赤ちゃんのお披露目会を開いて内祝いを贈る方法も


内祝いの一番丁寧な贈り方は「手渡し」。


お祝いをくださった相手を直接訪問し、感謝の言葉と共に内祝いの贈り物を渡すのが正式なやり方です。


しかし、手間と時間がかかりますし、離れて住んでいる相手だと現実的に無理があります。


どうしてもお祝いをくれた人たちと直接会って内祝いを贈りたいなら、赤ちゃんのお披露目会を開いておもてなしするという方法があります。


みんなも赤ちゃんの顔を見て喜んでくれますし、その場で内祝いを一斉に手渡しできるのでおすすめの方法です。ただし、その場合も結婚の内祝いと出産の内祝いは別々に2品用意しましょう。


すでにお披露目会を予定しているなら、「お披露目会の日取りがまだまだ先だから、その前に内祝いだけ贈っておいたほうがいいかな」と思うかもしれません。


その場合は、少々贈るタイミングが遅れてしまっても、お披露目会の日に内祝いを贈れば大丈夫です。


内祝いが遅くなってしまうことが不安なら、先に相手に連絡して伝えておけば印象が悪くなることはないでしょう。


内祝いを2品贈るならのし紙はどうする?


出産内祝い


内祝いの品選びで気に入ったものが複数あった場合、二つの品物を贈ることはマナーとしてまったく問題ありません。


たとえば「出産内祝いには記念に残る品と、赤ちゃんの名入れをしたお菓子も贈りたい」というケースがあります。


このように2つの贈り物を同時に贈る場合、のし紙はどう付ければよいのでしょうか?


「商品券と品物」なら商品券にのしを


二つの贈り物が「商品券と品物」あるいは「商品券とカタログギフト」の組み合わせなら、商品券のほうにのし紙を付けるのが一般的です。


商品券は相手に好きなように使ってもらえる上、場所も取らないので人気のギフトです。さらに、品物やカタログギフトをプラスして贈れば、内祝い全体のボリュームが出て見栄えもより豪華になります。


金額の高いほうにのし紙を付ける


「二つの品物」をセットで贈るなら、それぞれの金額を比べて高価なほうにのし紙を付けるのがおすすめの方法です。


メッセージカードを付ける場合にも、のし紙を付ける側の「主となる品物」に添えましょう。


内祝い2品ともにのし紙を付けていい?


出産内祝い


内祝いの片方にだけのし紙を付ける方法をご紹介しましたが、両方にのし紙を付けたいと思う場合もあるでしょう。のし紙を両方に付けることはマナー違反にならないのでしょうか。


慶事ならOK。同じ種類ののし紙を


出産内祝いなどお祝いごとの品物なら、のし紙を両方に付けても問題ありません。


むしろ両方に付けることで「よろこびが重なる」という考え方もあり、そのほうがよいと考える人もいるようです。


二つともにのし紙を付けるなら、お祝い事の名目がきちんと相手に伝わるように、同じ種類ののし紙を付けましょう。


さらに、主となる品物ののし紙にだけ「出産内祝」の表書きと、贈り主である自分の名前を書きます。


なお、弔事の場合にはのし紙を2つ付けると「不幸が重なる」というメッセージだと受け取られてしまう可能性があります。この間違ったメッセージはあまりに怖いですよね。弔事のお返しには絶対にのし紙を二つ付けないようにしましょう。


「内のし」「外のし」の違い


「内のし」とは贈り物を包装紙で包んだ上からのし紙を掛けることで、相手が受け取ったときにのし紙が見えない状態です。


一方、「外のし」とは包装紙の上からのし紙を付ける形式のことです。


一般的に内のしにすると謙虚な印象の贈り物になります。地域によって好みの差はありますが、内祝いでは「内のし」を選ぶ人が多いようです。


出産は相手のおめでたい出来事ではなく、自分にとってのおめでたい出来事なので、内のしで控えめに表現したほうが好ましいと考える人は多いようです。


また、配送サービスを利用して内祝いを送る場合、のし紙が外側についていると届く前にのし紙が折れたり汚れたりしてしまう可能性があります。そんな状態で受け取った相手には少し残念に思われてしまうことでしょう。


手渡しするなら外のしでもよいという考え方もありますが、配送サービスを使うなら必ず内のしを選ぶようにしてください。


まとめ


出産内祝い


今回は、贈りたい内祝いが2品あるケースについて確認しました。


結婚と出産のお返しが重なる場合は、内祝いをひとまとめにせず、「結婚内祝い」「出産内祝い」とそれぞれの名目ののし紙を付けて贈りましょう。


「商品券と品物」など、二つの品物を同時に贈りたい場合はどちらが主となる贈り物かを考えてのし紙を付けましょう。


祝福してくださった人へ感謝の気持ちを伝えるために、ご紹介した情報を参考にしてくださいね。



この記事へのお問い合わせはこちら >>

ギフトを探す

出産内祝い ギフトを探す

SERCH


当店一番人気は、大手メーカー公式サイトと同じモデルを卸値直販する『コスパ重視カタログギフトシリーズ』です。
百貨店や式場・ホテルで取り扱いのある、大手メーカー公式、最新版のカタログが最大52%OFF!
最大1750アイテムから好きなものが選べるので、どんな方にも喜ばれます。
割引・価格は贈り先様には分かりません。

一流ホテルや百貨店で取り扱いモデルを中心にメーカー公式最新版カタログギフトを卸値で直販!

出産内祝いに喜ばれるカタログギフト一覧はこちら
ページの一番上へ

申し訳ございません。お客様がお使いのインターネットエクスプローラーのブラウザは、当店の注文システムに対応しておりません。

ご注文をご希望のお客様はgoogleChromeまたは、Microsoft標準ブラウザのedgeでの閲覧をお願いいたします。