カタログギフト香典返しの専門店

一流ホテル・百貨店で定価販売されている人気カタログギフトの最新版を卸値でネット通販いたします

ヘッダーバナー

1冊~大口歓迎 銀行振込 後払いOK

通夜、葬儀の流れ

亡くなってから葬儀が終わるまでの流れ

身内の方が亡くなった場合、ご家族には決めなければならないことがたくさんあります。
悲しみの渦中にありますが、あらゆることについて速やかに手配を進めていかなければなりません。


病院で亡くなった場合

病院で亡くなった場合 病院で亡くなった場合、なるべく早くご遺体を移動させなければなりません。
ご遺体を病院から自宅などに搬送するには、葬儀社に連絡を取り遺体搬送車(寝台車)を手配する必要があります。

 

 

寝台車で搬送 そのためあらかじめ葬儀社を決めておくか、ご臨終の時点で葬儀社を決められることをお勧めします。
自宅以外の遺体安置場所としては、斎場や葬儀社の遺体安置室や保冷庫のほか、火葬場などがあります。


通夜・葬儀の前に

通夜・葬儀の前に 死亡届の提出。
遺体の安置場所、宗教形式を決める。
葬儀の規模や予算、会場を決める。
親しかった方、職場などへの連絡、弔辞の依頼。
祭壇や棺の手配、遺影や棺に収める愛用品を決める。
会食の料理、会葬御礼の文面や品物、当日返しの場合は香典返しの手配。
葬儀費用をどのように支払うかの算段。

故人のことだけでもこれだけたくさんありますが、諸々手配する間を縫って、自分や家族の喪服も用意しなければなりません。
いざという時でなくとも、あらかじめ故人の意向を確かめておいたり、信頼できる葬祭業者に相談したりしておくと安心です。


無宗教葬について

無宗教葬 近頃の傾向として、特定の宗派にとらわれない葬儀をしたいという方が増えています。
無宗教葬と言っても宗教を否定しているわけではありません。
故人を偲び、その人柄が伝わるお葬式のスタイルにしたいといいう意向の表れです。
仏式作法、神式作法にとらわれることなく、各々の儀礼の良さを取り入れて柔軟なスタイルにで執り行われます。

生前好んでいた音楽をBGMとして流したり、ライフワークや地域活動にちなんだ縁の品や作品を展示したり、祭壇の装飾に取り入れることもあります。
生前から故人の意思表示が明確で書面で残されている場合もありますが、見送る家族が故人の意向に添って話し合って進めるケースもあります。
音楽葬のほか、自然葬として樹木葬、海洋散骨などがあります。
いずれの場合も、まだまだ一般的な葬儀の形式ではないため、生前から家族で話し合っておくことが大切です。


香典について

香典とは、故人への弔意を表し、霊前に供える金品のことをいいます。
お香・線香の代わりに供えるという意味から、香料ともいわれます。
故人へ供物を捧げる意味と併せて、葬儀を出された施主ならびに葬家の金銭的負担を軽くするという意味合いもあります。

 

香典袋の表書き 香典袋の表書きは宗教によって異なります。
仏式では「御霊前」「御香典」「御香料」と書き、その下に名前を書きます。
一般的に、七七日忌の忌明け前は仏になる前ですので「御霊前」、忌明け後は「御仏前」となりますが、浄土真宗、曹洞宗では七七日忌に関係なく「御仏前」を用います。
神道では「御玉串料」「御神前」
キリスト教では「御花料」「献花料」と記します。

通夜と葬儀の両方に参列する場合、お香典は先(通夜の時)にお渡しすることが多いようです。
葬儀の際は「お通夜のときにお香典はお渡ししています」と受付に申し添えると良いでしょう。


通夜、葬儀参列のながれ

受付をする 記帳をする
以前はまず受付に伺い、芳名帳に記帳の上、香典を渡すのが一般的な流れでしたが、近頃は芳名帳に代わり芳名カードが使われるようになりました。
芳名カードに住所、氏名、故人や喪主との関係、参列日(通夜もしくは告別式)を記入します。
通夜に参列し、告別式も参列した際は再度記帳します。
代理の場合は主となる名の下に小さく「代理」と書きます。
通常、芳名カードには名刺が差し込めるようになっていますので、記帳の代わりに名刺を出しても構いません。

受付をする
受付係りの方に深く一礼し簡単な挨拶をします。
「このたびはご愁傷さまでございます。」と一言お悔みの挨拶をします。

 

香典を差し出す 香典を差し出す
できれば袱紗(ふくさ)に包んで持参し、受付の方に手渡します。

焼香(仏式)、お参り、拝礼(神式)をする
係の方の指示に従い、順に焼香、お参りをします。

通夜振る舞い
通夜の後の席を通夜振る舞いと呼び、故人への供養とともに弔問へのお礼のしるしとして設けられます。
焼香後に通夜振る舞いの席に案内されたら、故人を偲び、長居をせず料理に箸をつけるのがマナーです。


芳名帳、芳名カードについて

芳名帳は一冊に綴られた形式のため、参列者は受付順に記入します。
そのため葬儀後に喪主が名簿として整理する際、並べ替えに手間がかかります。
一方、芳名カードの場合、単票形式で管理できますので、故人との関係、地域や団体ごとのグループ分け等ファイルごとにまとめることも可能です。
以前からある芳名帳よりも、芳名カードの方が、喪主の負担軽減となります。


通夜振る舞いとは

通夜振る舞い料理 焼香後の弔問客を別室へ案内し、料理やお酒を振る舞う事を通夜振る舞いといいます。
地方によって習慣に違いがあり、食事や酒を供するのではなく、お菓子を持って帰ってもらう場合やお茶だけを供するところもあります。
通夜振る舞いは飲食を楽しむためではなく、弔問客への感謝の気持ちと、故人の想い出をしめやかに語る席です。
弔問客のどの範囲まで、通夜振る舞いの料理を用意するかも地域性があります。
親族だけでなく、一般会葬者にも料理を振る舞う場合、大勢の方が限られた席に案内されますので、長居をせず後からの方に席を譲り簡単に済ませることがマナーです。
一方、親族とごく親しい方が中心となって、通夜振る舞いを執り行う地域もあります。


神式とキリスト教式の場合

仏式の通夜振る舞いにあたるものを、神式では「直会(なおらい」、キリスト教式では「茶話会」と言います。
神式の直会は、仏式の通夜振る舞い同様、食事がもてなされます。
お酒も供されますが、あくまでお清めとしての「酒」ですので、軽く口に付ける程度です。
葬家が火を使うことは忌み嫌うため、仕出しの膳や鮨の出前を利用します。
キリスト教式の茶話会は身内だけで軽食を囲みながら故人を偲びます。
茶話会と言われる通り、お茶とお菓子程度ですので、食事やお酒はありません。


自宅供養、手元供養とは?

故人をいつも身近に感じたい。いつも近くにいて見守って欲しい・・・
大切な家族を亡くされた遺族の気持ちから、最近では遺骨を少量形見分けされたり、自宅に置き供養する「自宅供養」「手元供養」をする方が増えています。

遺骨をフォトフレームとして加工し、そこに遺影を納めたり、人工ダイヤに加工してペンダント・指輪などに納めることで、常に身につけることができます。
手元供養により最愛の家族を身近に感じ、寄り添う意識を持つことで、残された家族の生きる力になると言われています。

従来の形にとらわれず、故人を偲ぶ新しいスタイルとして「自宅供養」「手元供養」のあり方が模索されています。

 

「自宅供養」「手元供養」に至る想いとは?
故人の側からは、残る家族に墓地の購入、維持管理、また菩提寺とのお付き合いなど新たな負担をかけたくない。
無宗教なので葬儀や戒名・法名、墓へのこだわりがなく、自分らしい最期を希望している。
残された家族の側からは、お墓が遠方のため大切な人を遠くに葬りたくない。
年齢を重ね体力的な衰えから、先々墓参が厳しくなる。などの事情、背景が挙げられます。


葬儀後すぐにすること

葬儀を終えてご遺族の方がしなくてはならない手続きはまだたくさんあります。
世話役の方からの引継ぎ、支払い、お世話になった方へのお礼や挨拶回りなどになります。
葬儀後はまだまだ悲しみが癒えませんが、ご家族の方やご親族の方と協力し失礼がないように行いたいものです。

 

現金や参列名簿の引継ぎ
世話役の方にお礼をする際に弔問客の様子やお言付けなどあれば聞いておくとよいでしょう。

 

葬儀にかかった費用の精算、領収書管理
葬儀にかかった費用は遺産相続の時に相続税の控除の対象になります。
火葬場でもらう「埋葬許可証」も納骨の時に必要なので大切にしまっておきましょう。

 

お世話になった方々へのあいさつ回り
通夜、葬儀の受付などでお手伝いいただいた町会の方やご近所、ご友人の方々に節目のご報告を兼ねてお礼に伺います。
故人が仕事をされていた場合はご勤務先、病気療養中だった場合は病院、介護施設などできるだけ早めにお礼に行きましょう。
だいたい初七日までに喪主と家族が伺います。
忌明け後の香典返しとは別に、この機会には菓子折り程度のものを用意すると良いでしょう。
基本的に服装は喪服でお伺いしますが、地味な平服でも構いません。

 

名義変更の手続き
住民票の抹消届のほか、世帯主が亡くなった場合は世帯主の変更届、年金を受給していた際は停止の手続、そのほか公共料金、携帯電話、預貯金などなるべく早く名義変更をします。

 

自宅に線香をあげに訪れる弔問客への対応
葬儀に参列できなかった方、葬儀後に訃報を知った方はご自宅に弔問に訪れます。
あらかじめ連絡が入る場合が多いと思いますが、直接かけつける方もいます。
いつでもお客様をお迎えできるよう、後飾りに遺骨、遺影を飾り、線香をあげられるようにしておきます。
お茶とお菓子は多めに準備されると突然の来客にも安心です。
後飾りの祭壇でお焼香をしていただいたら、お茶とお菓子でもてなし、故人との思い出話などを伺うとよいでしょう。
わざわざ足を運ばれた方に失礼なきようしたいものです。

 

お悔やみ営業とは?
弔問を装った営業活動をお悔やみ営業といいます。
香典返しの引き物、返礼品、墓所や墓石の販売が主なものです。
葬儀後、まだご家族の悲しみが癒えぬうちの一方的な営業に、行き場のない憤りを感じることもあります。
必要のないお悔やみ営業を回避するためには、面識のない人物が故人の名前をだし「お線香をあげさせてほしい・・」と訪問があった場合、念のため故人との関係を確認することが大切です。

スタッフ

故人との関係を確認することは失礼には当たりません
故人とのご縁が判れば、最期の様子や生前の思い出など話もつながり、その後の応対も行き届いたものとなります。
自宅までお越しいただいた方に、故人との関係を確認するのは失礼ではないかと心配される方もいますが、丁寧にお聞きすればそれにあたりません。


> 「葬儀・法要・四十九日の豆知識」へ戻る

 

-通夜、葬儀の流れ、香典返しにつきましてお気軽にご相談ください-

ご不明の点、ご要望はお気軽にお問い合わせ下さい。
お急ぎの場合は直接お電話頂ければ、より迅速な対応が可能です。
詳細にわたりご相談、ご提案いたします

通夜、葬儀の流れ、香典返しにつきましてお気軽にご相談ください

arrow

卸値で直販のため、取扱いメーカー・カタログ名をホームページ上で表示できません

まずは無料サンプル&仮見積をご請求ください。平日12時までのお申込で即日発送いたします

スタッフ

サンプル請求・お問合せはお電話でも歓迎です
大口・お急ぎの方もどうぞご相談ください

0120-370-777

ご予定のコースと数量で見積りいたします

通話料無料/携帯・PHS可 月~金 9時30~17時

お客様のご要望に合わせて、私たちが
最適なカタログギフトを提案いたします。

まずは無料サンプルカタログ(実物)にて
内容をご確認ください。
もちろん無理な売り込みはいたしません

インターネットやメールが苦手な方も、
お気軽にお電話ください。

カタログギフトのことはもちろん、
香典返しや冠婚葬祭に関するご質問にも
喜んでお応えいたします

スタッフ
ページの一番上へ
サイトメニューへ