カタログギフト香典返しの専門店

一流ホテル・百貨店で定価販売されている人気カタログギフトの最新版を卸値でネット通販いたします

ヘッダーバナー

1冊~大口歓迎 銀行振込 後払いOK

初盆、新盆について

初盆、新盆を迎えるにあたり

盆とは祖先の霊を供養する行事となりますが、特に初盆とは忌明け後に初めて迎えるお盆のことをいいます。
お盆の時期にまだ忌明が済んでいない場合には、初盆・新盆の法要は翌年に行います。
地域によっては新盆と呼ぶ場合も多いです。
仏式では僧侶、神式では神主を招いて法要を行います。
初盆には親族だけでなく、ご近所の方や知人も参列することがあり、遺族にとっては忌明け後に行う本格的な法要の一つですので特に丁寧にお迎えしたいものです。


お盆の時期は地域によって異なります

お盆は新暦または旧暦の7月15日ごろに行われます。
旧暦の7月15日ごろは新暦では8月15日前後にあたりますが、東京や横浜市や静岡の一部地域では7月15日頃に行われており、新暦の7月15日ごろにお盆を行う地域と8月15日ごろに行う地域があります。


初盆、新盆の飾り付け

・精霊棚(しょうりょうだな)
先祖や精霊を迎えるのに必要な棚で盆棚とも呼ばれており、一般的に精霊棚の上に真菰(まこも)のゴザを敷いて仏壇から位牌と三具足を飾り、その年に採れた作物などをお供えし、精霊馬を供える棚として使われます。
内庭や座敷に大きな精霊棚を作って先祖の霊をお迎えしていましたが、現在では仏壇の前における程度の小さな台を用いてお飾りするのが一般的です。
精霊棚とはお盆の盂蘭盆・盂蘭盆会の儀式の際に先祖の霊を迎えるために作る棚(お盆期間中に位牌を安置する棚)のことで盆棚とも呼ばれます。
地域や宗派によって飾り方が異なりますが、浄土真宗では精霊棚は飾らないとされます。

 

精霊馬(しょうりょううま) ・精霊馬(しょうりょううま)
精霊馬とは、精霊棚に供える牛と馬のことで、あさがら・おがらや割り箸などで胡瓜に足をつけたものが馬、茄子に足をつけたものが牛とされます。
それぞれの動物は先祖の霊の乗る乗り物に見立てられています。 先祖の霊に来る時は馬に乗って一刻も早く来られるように、戻る時は牛に乗ってゆっくりお帰りくださいという願いを込めてしつらえます。
牛にはたくさんの供物を乗せて持って帰ってもらうという意味もあるといいます。


盆提灯

盆提灯 盆提灯は先祖の霊が提灯を目印にして戻って来られるように飾ると言われています。
お盆に使われる盆提灯には、白提灯と絵柄の入った提灯があります。
提灯の飾り方は宗派や地域によって違いがありますが、一般的には精霊棚や仏壇の前に一対飾ります。

・新盆・新盆には白提灯
初盆、新盆のときには霊が迷わないように、普通の絵柄の入った盆提灯のほかに新盆用の白提灯を一つ飾ります。
白提灯を飾るのは新盆の時だけで、お盆が終わったら燃やして処分します。
送り火で燃やしたり、自宅の庭でお焚き上げしたり、菩提寺に持って行き処分してもらいます。

・盆提灯を飾る時期
お盆の期間に合わせ、12日または13日から飾りますが、地域によっては月の初めから飾る地域もあります。
16日または17日には片付けます。
初盆・新盆のみに用いる白提灯は送り火と共に燃やすか、菩提寺にて供養をしていただきます。


初盆の誘いを受けたとき服装はどうしたらいい?

初盆の服装 初盆の服装は地域や宗派などによって決まりのあることもあります。

略式喪服を着用するのが正式なマナーですが、施主や遺族よりも礼服の格が上にならないように注意してください。
最近では地域や宗派および故人や施主とのおつきあいの程度によりますが、地味な平服で参列することも多くなってきました。

平服は普段着という意味ですが、男性は地味な色のスーツなど、女性はアクセサリーは控えめにし、肌の露出が少ないワンピースなどを着用するとよいようです。


> 「葬儀・法要・四十九日の豆知識」へ戻る

 

-葬儀・法要、香典返しにつきましてお気軽にご相談ください-

ご不明の点、ご要望はお気軽にお問い合わせ下さい。
お急ぎの場合は直接お電話頂ければ、より迅速な対応が可能です。
詳細にわたりご相談、ご提案いたします

葬儀・法要、香典返しにつきましてお気軽にご相談ください

arrow

卸値で直販のため、取扱いメーカー・カタログ名をホームページ上で表示できません

まずは無料サンプル&仮見積をご請求ください。平日12時までのお申込で即日発送いたします

スタッフ

サンプル請求・お問合せはお電話でも歓迎です
大口・お急ぎの方もどうぞご相談ください

0120-370-777

ご予定のコースと数量で見積りいたします

通話料無料/携帯・PHS可 月~金 9時30~17時

お客様のご要望に合わせて、私たちが
最適なカタログギフトを提案いたします。

まずは無料サンプルカタログ(実物)にて
内容をご確認ください。
もちろん無理な売り込みはいたしません

インターネットやメールが苦手な方も、
お気軽にお電話ください。

カタログギフトのことはもちろん、
香典返しや冠婚葬祭に関するご質問にも
喜んでお応えいたします

スタッフ
ページの一番上へ
サイトメニューへ