出産内祝いはいつまでに贈る?注意点と人気ギフト

2020年12月10日

「出産内祝いはいつまでに贈ればいい?」「どんなものが喜ばれるの?」と疑問を抱えている人もいるでしょう。


一般的なタイミングの目安は「赤ちゃんの生後1ヶ月頃」と言われています。


今回は出産内祝いの意味や贈る時期、マナーなどの注意点についてわかりやすく解説します。贈って喜ばれるギフトも紹介しますので参考にしてくださいね。


出産内祝いはいつまでに贈るのがマナー?


出産 内祝い


生後1ヶ月を過ぎた頃に贈るのが一般的


内祝いは、「生後1ヶ月頃を過ぎてからスピーディーに贈る」のが基本的なマナーです。


生後1ヶ月というと「お宮参りの時期」です。お宮参りとは赤ちゃんが生まれて1ヶ月を無事に迎えたことを地域の神様に感謝し、報告する行事。お宮参りを終えたらすぐに内祝いの準備に取り掛かるのが昔からのしきたりです。


しかし、「赤ちゃんの行事でバタバタしているうちに内祝いを贈るのを忘れていた」「産後のママの体調がすぐれず、入院が長引いてしまった」ということもあるでしょう。


内祝いのタイミングが遅れてしまった場合はなるべく速やかに準備を進め、できれば生後2ヶ月頃までに贈ることをおすすめします。


地域によって贈る時期が異なる場合も


関東と関西など、地域によって慶事の基本マナーは異なります。内祝いを贈るタイミングも「生後1ヶ月頃までに」というマナーではない地域もあるかもしれません。


ご自身が住んでいる地域ではどういった慣習があるのか、事前に身内の人に聞いておきましょう。


出産祝いをもらったのが遅い場合、いつまでに返す?


出産祝いを贈る側は「赤ちゃんの生後7日頃から1ヶ月経つまでに贈る」という目安があります。


しかし、状況によってすぐに出産祝いを贈れない人もいるでしょう。そんな人から、生まれて何ヶ月も経った後に出産祝いをもらうと、そもそも「内祝いは生後1ヶ月」のマナーを守ることができません。


この場合は、お祝いをもらった日から1ヶ月以内を目安に内祝いの品を贈りましょう。ちなみに、出産から数ヶ月の時間が経っていても贈り物につけるのし紙の表書きは「出産内祝い」として大丈夫です。


生後1ヶ月を過ぎてしまったから内祝いは必要ない、ということはありません。せっかくお祝いをくださった相手に失礼に当たるのできちんとお返しをしましょう。


本来の出産内祝いの意味は「幸せのお裾分け」


出産内祝い


「出産内祝い」と聞くと、現代では「出産祝いをくれた人へお返しするためのギフト」と認識している人が多いでしょう。もちろん、その認識は間違っていません。


しかし、本来の出産内祝いの意味は違っていました。元々は「子供が生まれた喜びを周りのみなさんにお裾分けすること」と考えられていたのです。


そのため、出産祝いをもらわずとも出産した側の家庭から贈り物をしていました。時代の流れとともに徐々に意味が変化し、現在では内祝いと言えば「お返し」として認知されています。


現代の意味に合わせるのが自然なマナー


出産内祝いの本来の意味を知っておくことは基本マナーを理解するのに重要なことです。しかし、現代において元々の意味に沿って内祝いを贈ってしまうと「出産祝いを贈っていないのに内祝いが届いた…何かお返ししなければいけない?」と相手を戸惑わせてしまう可能性があります。


お祝い事の本来の意味を踏まえた上で、現代の意味に合わせて出産内祝いを贈りましょう。


出産内祝いを贈る時の注意点


出産内祝い


つづいて、出産内祝いを贈る時に注意すべき点について4つ紹介します。


「お返し」という言葉は使わない


先程ご説明したとおり、出産内祝いの現在の意味は「お祝いをもらった相手へのお返し」です。そのため、多くの人が「この度は過分なお祝いをいただきまして誠にありがとうございました。こちら、お返しの品ですのでどうぞお受け取りください」など「お返し」という言葉を使ってしまいます。


意味はお返しでも間違いではありませんが、本来は「幸せのお裾分け」という意味であるため、お返しという言葉は避けましょう。感謝の気持ちを添えるなら、次のような言葉がおすすめです。


・心ばかりの品ですが〜

・こちらお礼の品ですので〜…など


出産内祝いの準備は妊娠期間を活用する


出産内祝いの準備は、できるだけ妊娠期間を活用しましょう。前述のとおり、出産内祝いは赤ちゃんが生後1ヶ月を過ぎた頃に贈るのが基本的なタイミングです。


しかし、生後1ヶ月頃は赤ちゃんのお世話で毎日楽しくも大変な日々を過ごしている人が多いでしょう。もしかしたら「こんなにも寝不足になるものなのか…」と生活の変化に体が追いついていない人もいるかもしれません。


新生児の子育て生活の中で、内祝いの品を選んだりお礼のメッセージを準備するのは大変な作業です。そこで、気持ちと時間にまだ余裕のある妊娠期間中に内祝いの段取りを考えておけば、あとは贈るだけとなります。


たとえば出産祝いをいただけそうな最低限の人数を把握してリストアップしたり、贈る品の見当をつけておくだけでも後々楽になるでしょう。


高額なお祝金をもらっても相場どおりでOK


出産祝いをくれる人の中には、お祝いしたい気持ちが人一倍大きくて高額な祝金をくれる人もいるでしょう。例えば、両親や親戚などの身内で普段から深い付き合いをしている人が、高額なご祝儀を贈ってくださる可能性もあります。


しかし、高額なお祝い金をもらったからといって内祝いで高価なものを返してしまうと、逆に失礼に当たる場合があります。目上の人からのご厚意に甘えたほうが相手の顔を立てることになるからです。


高額なお祝いをもらっても他の人と同じく相場どおり「3分の1〜半分」を目安に内祝いを選んでくださいね。


名入りの品物を贈るなら早めに注文を


出産内祝いに赤ちゃんの名前を入れた品物を考えている人は、早めに注文することをおすすめします。なぜなら、通常の品物よりも名入れの制作時間がかかるためです。


どのような品物に名前を入れるかによって制作時間は異なるので、事前にどれくらいの納期になるのかを確認しておくことが大切です。


出産内祝いで喜ばれる人気のギフト


出産 内祝い


最後に、多くの人に喜ばれる出産内祝いのギフトを紹介します。


赤ちゃんの名入れスイーツやお菓子詰め合わせ


内祝い用に、カステラなどに赤ちゃんの名入れをしたものを贈るのとインパクトある演出になり赤ちゃんの名前のお披露目にもぴったりです。後に残るアイテムに名入れをしてしまうともらった人の使い勝手が悪くなってしまうことがありますが、食べ物に名入れをすれば後々の心配もありません。


また、日持ちや小分けのしやすさを考えるなら、おしゃれな焼き菓子や高級ゼリーなどのスイーツ詰め合わせもおすすめです。


食べ物を贈る注意点として、なるべく賞味期限の長いものにしてください。賞味期限があまりにも短いと相手が「すぐに食べないと」と焦ってしまうかもしれません。余裕を持って1ヶ月以上の賞味期限があるものを選びましょう。


また、相手に食品アレルギーがないかも先に確認しておいたほうが無難です。


上質素材にこだわった日用品


タオル・洗剤・石鹸などの「日用品」も出産内祝いとして人気の品です。相手の食べ物の好みがわからない場合、日常生活で使用できるものを贈るのがおすすめです。


普段使うものだからこそ、内祝いとして贈るなら上質な素材にこだわってください。フェイスタオルやバスタオルならオーガニックコットンを使い、柔らかい肌触りで縫製のしっかりしたものが喜ばれるでしょう。石鹸も香りや素材などにこだわりのあるものが喜ばれます。


ただし、タオルと似たものだからといって「ハンカチ」を贈るのは避けたほうが無難です。ハンカチを贈る行為には「関係を切る」という意味があるとされているからです。


一度に大勢に贈るならカタログギフト


「相手の好みがわからない」「本当にこれを贈って使ってくれるかな」と悩んでいるなら、相手に好きなものを選んでもらえる「カタログギフト」がおすすめです。


カタログギフトは「結婚式の引き出物」というイメージを持っている人も多いでしょう。しかし、近年では出産祝いや内祝いなどでも大変人気のあるギフトのスタイルとなっています。


数多くの商品やサービスが掲載され、しかも金額が相手にわかりにくいカタログギフトは、贈る側も贈られる側も気を使うことなくやりとりできます。


出産内祝い選びは送料&のし対応まで確認


出産 内祝い


出産内祝いは一度にたくさんの人に贈るケースが多いため、先方へ送る配送料の負担が大きくなります。


内祝いの品選びをする際は、まず送料無料サービスがあるかどうかを確認してからショップを選ぶことをおすすめします。


また、内祝いの贈り物を買うお店が贈答品の対応に慣れているかも大切なポイントです。出産祝いは結婚祝いと同じく格の高いお祝い事ですから、内祝いものし紙など正式な体裁を守りたいものです。


内祝いののし紙は赤ちゃんの名前のお披露目も兼ねていますから、「店員がのし紙に書く赤ちゃんの名前を間違えた」などのミスは絶対に避けたいものです。


のし紙や包装紙などのラッピングサービスにきちんと対応してくれるショップかはしっかり確認しておきましょう。


まとめ


出産内祝い


今回は、出産祝内祝いをいつまでに贈るか、タイミングや注意点について詳しく説明しました。


贈るのは赤ちゃんが生まれて1ヶ月頃を目安にしましょう。出産祝いをいただいたのが時期が遅かった場合は、お祝いをもらってから1ヶ月以内にお返しするように心がけてください。


赤ちゃんの誕生を祝福してくださったみんなへ感謝の気持ちを込め、失礼のない内祝いを贈りましょう。



この記事へのお問い合わせはこちら >>

ギフトを探す

出産内祝い ギフトを探す

SERCH


当店一番人気は、大手メーカー公式サイトと同じモデルを卸値直販する『コスパ重視カタログギフトシリーズ』です。
百貨店や式場・ホテルで取り扱いのある、大手メーカー公式、最新版のカタログが最大52%OFF!
最大1750アイテムから好きなものが選べるので、どんな方にも喜ばれます。
割引・価格は贈り先様には分かりません。

一流ホテルや百貨店で取り扱いモデルを中心にメーカー公式最新版カタログギフトを卸値で直販!

出産内祝いに喜ばれるカタログギフト一覧はこちら
ページの一番上へ

申し訳ございません。お客様がお使いのインターネットエクスプローラーのブラウザは、当店の注文システムに対応しておりません。

ご注文をご希望のお客様はgoogleChromeまたは、Microsoft標準ブラウザのedgeでの閲覧をお願いいたします。