出産内祝いの準備・段取り解説。妊娠中から進められることは

2020年12月10日

もうすぐ出産を控えている方は、「出産内祝い」の贈り物のことは考えていますか?


「お祝いをもらってから準備すればいい」と思っている人が多いのですが、しかし、内祝いの準備には相当の時間と労力が必要です。


産後はママさんの体調が回復するまでしばらく時間がかかることが多いので、時間と体力にまだ余裕のある妊娠中にお返しの準備を少しずつスタートするのが後々ラクに進めるコツです。


新生児を抱えながら慌てて用意した贈り物やお礼状は、手違いが起きる可能性もあります。


今回は、出産内祝いを妊娠中から準備することを想定し、段取りの流れをご紹介します。


また、内祝いが遅れてしまったときの対処方法も解説しますので参考にしてくださいね。


出産後に内祝いを準備するシミュレーション


出産 内祝い


赤ちゃんの誕生を祝ってくれた人に、後で「こっちにしておけばよかった……」と思うようなギフトを贈ってしまうのは避けたいですよね。


それではスムーズに準備を進めるためにどうすればいいのでしょうか。


出産後すぐの新生活をイメージしておこう


出産には相当なエネルギーを使うので、体が思い通りに動かせるようになるのは数日経ってからということもあります。


そして生まれたての赤ちゃんのお世話と自身のリハビリをしながら新生活がスタートします。


さらに、日が経つごとに出産祝いを渡そうと来客が増えるので、対応に追われることもあるでしょう。


産後しばらくは自由な時間が思った以上に無くなるものなので、そんな状況の中で内祝いの品選びと発送手配をするのだと想定しておく必要があります。


出産内祝いのタイミングは生後1ヶ月ごろ


「産後に内祝いの準備をするのが難しいなら、体力が戻って落ち着いてからにしたら?」そう思った人もいるかもしれませんね。


しかし、一般的なマナーから考えるとそれではあまりに遅く、せっかく出産祝いをくださった相手に失礼と受け取られかねません。


地域差はあるものの、出産内祝いは産後1ヶ月の「お宮参り」が終わったころに先方へ届けるのが古くからの習わしです。遅くとも2ヶ月以内に贈るのが目安とされています。


内祝いに添えるお礼状も書こう


出産内祝いに必要な物は贈り物だけではありません。感謝の気持ちや赤ちゃんの名前などの紹介を書いたお礼状も必要です。


お礼状は一人ひとり個別に書くのが正式です。ご祝儀を包んでくれた相手全員ですから、親戚・友人・仕事関係者など、全員分を用意するのが基本です。


「正式なお礼状を書いたことがない」という人は書くのに時間がかかることが多いので、出産前に自分のイメージに近い文例を探しておくだけでも書き方の予習になって役立ちますよ。


出産内祝いをスムーズに準備する方法


出産 内祝い


それでは、妊娠中に出産内祝いを準備するための具体的なスケジュールを見ていきましょう。


妊娠中に準備を始めるスケージューリング


「スケジュールの組み方」と「品物選びのコツ」この2点をまず押さえましょう。


基本的に結婚のお祝いを贈ってくれた人が出産祝いも贈ってくれるケースが多くなりますから、その人数を基本に考えるといいでしょう。


【妊娠中】



  1. 結婚祝いを贈ってくれた相手の住所をリストにまとめる

  2. 店舗で商品を選ぶ、またはギフトショップのカタログを取り寄せる

  3. 品物のジャンルや価格帯に目星を付けておく

  4. お礼状の文例の候補を探す


【出産後】



  1. 退院する

  2. お七夜を迎える

  3. 親戚・友人・職場から出産祝いが届く時期

  4. 出産内祝いを贈る相手別に、内祝い予算と住所などの情報をリスト化する

  5. お宮参りを行う

  6. 内祝いの品を注文する

  7. 品物が届く


以上の流れ参考にすると、スムーズに準備できるでしょう。


今まで大変お世話になった相手なら直接訪問して内祝いの品を手渡しすると丁寧です。


しかし体力的・距離的に難しい場合は贈り物を購入したショップから直送しても問題はありません。


内祝いの相場は「半返し〜3分の1」


出産内祝いの相場を参考に、受け取ったご祝儀の金額にふさわしい品物を選びましょう。


お返しする品物の相場は、半返し(受け取った金額の半分)から1/3で選びます。


もし、相手が5万円以上の高額なご祝儀を包んでくれた場合は、あまり無理をせずに3分の1のお返しでもかまわないとされています。


出産内祝いの準備が遅れたら?


出産 内祝い


「産後2ヶ月以内に出産内祝いが間に合わなかった!」


そんなときは、まず先方にお詫びを伝え、素早く手配することが大切です。


それでは、間に合わなかった場合の対処方法を見ていきましょう。


すぐに手紙を出そう


産後2ヶ月以上経っても出産内祝いを贈れず、相手に「遅いな」と思われるか、忘れられてしまうとマナー違反です。


なんのお詫びもせず、シレっと贈るのも良くありません。内祝いの品を贈る前に、まずはお詫びの気持ちを込めたお手紙を出すことをおすすめします。


手紙の内容は、「出産祝いをいただいたことへの感謝」・「内祝いが遅くなったことへのお詫び」・「別便で品物を届ける」、この3つの内容を書けば、丁寧な印象になるでしょう。


赤ちゃんの様子など、近況を報告する文章は内祝いの品物に添えるお礼状に書きましょう。


遅れたら配送サービスを利用


遅くなった場合、すぐに届けることが先決です。お詫びがあるから直接訪問しようと考えて無理に動かず、配送サービスに頼りましょう。


配送の手配をしたら、お礼状か電話で「何日後に届く」かを相手に連絡します。到着予定日が過ぎた場合は「ちゃんと到着したか」を確認する電話をかけて、相手の手元に届くまで心くばりを忘れないでください。


まとめ


出産 内祝い


出産内祝いの準備の作業量など、具体的なイメージがわいてきたでしょうか?


新生児を抱えてバタバタした状態で準備をすると贈り漏れや予算の間違いなどが生じる可能性もあるので、出産内祝いは余裕をもって準備を進めるのが一番です。


妊娠中からおおよそでもいいので段取りのイメージを描き、贈る相手の人数と贈る品物にある程度目星をつけておくだけで、後の準備はグンとスムーズになって気分的にも余裕が持てるでしょう。


お祝いをいただいた一人ひとりの好みを考えてそれぞれに内祝いを用意するのは時間がかかりますが、そんなときは相手に欲しいものを選んでもらえるカタログギフトを贈るのも一つの方法です。


忙しい新米ママさんの労力を大幅に軽減してくれるので、上手に活用してみることをおすすめします。


何より大切なのはママさんと赤ちゃんの健康です。体に負担がかかる出産後は母体をいたわることを最優先し、無理してまで「早くお返しをしなければ」と焦る必要はありません。


赤ちゃんの誕生を温かく祝ってくれたみんなに感謝の気持ちを伝え、幸せをおすそ分けする素敵なギフトが贈れるよう応援しています。


この記事へのお問い合わせはこちら >>

ギフトを探す

出産内祝い ギフトを探す

SERCH


当店一番人気は、大手メーカー公式サイトと同じモデルを卸値直販する『コスパ重視カタログギフトシリーズ』です。
百貨店や式場・ホテルで取り扱いのある、大手メーカー公式、最新版のカタログが最大52%OFF!
最大1750アイテムから好きなものが選べるので、どんな方にも喜ばれます。
割引・価格は贈り先様には分かりません。

一流ホテルや百貨店で取り扱いモデルを中心にメーカー公式最新版カタログギフトを卸値で直販!

出産内祝いに喜ばれるカタログギフト一覧はこちら
ページの一番上へ

申し訳ございません。お客様がお使いのインターネットエクスプローラーのブラウザは、当店の注文システムに対応しておりません。

ご注文をご希望のお客様はgoogleChromeまたは、Microsoft標準ブラウザのedgeでの閲覧をお願いいたします。