出産内祝いの相場を相手との関係別に解説!

2020年12月10日

赤ちゃんが生まれたら、出産祝いとして現金や品物をもらうことが多くあります。


その際、「お返しの内祝いはどうやって選ぼう?」と悩んでしまう新米ママ・パパは多いようです。


内祝いの相場は一般的にいただいたお祝い金額の「3分の1」または「半分」と言われています。


この記事では、出産内祝いの金額相場のマナーについてわかりやすく解説します。具体例も挙げながら相手別の相場もあわせて紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


出産内祝いの基本を押さえよう


出産内祝い


出産祝いをもらったら「出産内祝い」の品をお返しするのがマナーです。また。内祝いには赤ちゃんの名前を書いたのし紙を掛けるのが一般的な慣わしなので、内祝いは「赤ちゃんの命名披露」も兼ねていると言えます。


現代における「出産内祝い」は、「赤ちゃんが生まれた時にいただいた出産祝いへのお返し」として認知されていますが、もともとの意味とは違うことをご存じでしたか?


昔は「子供が生まれたら、その幸せを周囲にお裾分けする」という意味で、出産祝いをもらったかどうかに関わらず赤ちゃんが生まれた家から周囲の人々へ品物を贈ったそうです。


現代でも「お返し」という言葉を表立って使わず、「内祝いを贈る」という言い方するのはその名残です。


現代においては、出産内祝いは「出産祝いのお返し」という認識が広く浸透しています。


そのため、昔の意味で考えて贈ってしまうと受け取った相手が「出産祝いを贈っていないのに内祝いが届いた……何かお返ししなければいけない?」と困ることになるでしょう。出産内祝いは現代の解釈で大丈夫です。


お宮参りが済んだら速やかに内祝いを贈る


出産内祝いを贈るタイミングは、「赤ちゃんのお宮参りが済んだら速やかに」というのがマナーです。


赤ちゃんのお宮参りは「生後1ヶ月」を目安に行われます。つまり、出産内祝いを贈る時期は「赤ちゃんが生まれてから1ヶ月を過ぎた頃」ということです。


ただし、これは赤ちゃんが生まれてすぐに出産祝いをもらっていた場合の話です。


出産祝いが贈られてくるのが遅くなることはよくあります。友達・職場の人・遠い親戚などから、生後2〜3ヶ月して出産祝いをもらうこともあるでしょう。


この場合には「出産祝いをもらってから1ヶ月以内」を目安に内祝いを贈れば問題はありません。


出産内祝いの平均相場は「3分の1〜半分」


出産内祝い


出産内祝いの相場はもらった出産祝いの金額の「3分の1」または「半分」が一般的なマナーです。相手との関係別に金額相場をご紹介しますので参考にしてください。


内祝いの品は誰もが喜ぶものを選ぶ


お返しをする際に「一人ひとりに違う品物を贈ったほうがいい?」と悩んでしまう人も多いでしょう。しかし、品選びに特に決まりはありません。


お祝いをもらった人全員に「同じもの」を贈ってもマナー違反ではないので、個別に贈る品物を考えなくて大丈夫です。


なお、全員に同じものを贈るということは、万人受けするような贈り物を選ぶ必要があります。


具体的には、「タオル」「スイーツの詰め合わせ」などが定番人気ですが、相手の好みが気になるなら「カタログギフト」を贈るのがおすすめです。


カタログギフトなら多くのギフト商品が掲載されている中から本人の好きなものを選んでもらえるため、「相手の好みに合うだろうか」という贈り物選びの悩みが解決します。


もらった物の値段がわからなければ相場から判断


出産祝いを品物でもらって価格が確実にわからないなら大まかな予測で大丈夫です。この予測は出産祝いの相場から見立てることができます。


【出産祝いの金額相場】

・兄弟、姉妹からもらう…10,000円〜30,000円

・親戚からもらう…10,000円〜30,000円

・友人からもらう…5,000円〜10,000円

・会社関係者からもらう…3,000円〜10,000円


例えば、友人から5,000円もらったとしたら、その3分の1から半分程度のお返しを準備します。金額にすると「1,600円〜2,500円」ぐらいで内祝いを贈るわけです。


ただし、ここまで深く考えずとも、さきほどご説明したとおり「全員に同じ品物を贈る」ように準備しておいても問題はないでしょう。


あまり悩み過ぎず、おおよその金額を目安にしてくださいね。


出産内祝いを贈る際の注意点


出産 内祝い


出産内祝いを贈る際の注意点を4つご紹介します。


目上の人へのお返しで高価なものはNG


出産内祝いを目上の人へ贈る場合に、気を遣いすぎて「もらった出産祝いの半額以上になる高価なもの」をお返しするのはマナー違反とされています。


目上の人からいただく出産祝いは高額になることが一般的です。しかし、多く包んでくれた目上の人へ高価なお返しをしてしまうと、立場上多く包んでいただいたことが帳消しになってしまうのです。


例を挙げると、せっかく出産祝いとして10,000円包んで贈ったのに、7,000円相当の品物が返ってきてしまっては、お祝い金は3,000円ということになります。


「目上の人の顔を立てる」という意味でも、目上の人のご厚意に甘えて「3分の1程度」の金額目安で内祝いを贈りましょう。


連名の出産祝いにも全員に内祝いを贈る


出産内祝いは、出産祝いをもらった人全員に必ず贈りましょう。


例えば、会社関係者の複数人から花束やちょっとしたお祝いをもらった場合、連名でお金を出し合ってくれた一人ひとりにお返しをするということです。


この場合は、一人ひとりが出した金額は少額だと思われますので、気軽に返せる個包装のお菓子やミニタオルなどの品をおすすめします。


間違っても、連名でお祝いをくれた中の代表者だけに内祝いを贈るということは避けましょう。


内祝いを現金で贈るのはNG


出産祝いを現金でもらったからといって内祝いを現金で返すのはNGです。


また、ギフトカードや商品券なども使い勝手が良さそうですが、内祝いの金額が相手にはっきりとわかってしまうことが気になる人も多いようです。


前述のとおり、何を贈ればいいのか悩んでしまう人は、金額が分かりにくい「カタログギフト」がおすすめです。


内祝いの内容は出産前にある程度決めておく


出産内祝いは、冒頭でも述べたとおり「赤ちゃんが生まれてから1ヶ月を過ぎた頃に贈る」のが一般的です。


しかし、赤ちゃんを迎えたご家庭は新生児のお世話でこれまでの生活とは一変し、嬉しいことも大変なことも増えます。


そのような時に「出産内祝いに何を贈るのか」「予算はどうするか」などをじっくり決める余裕はないかもしれません。


そのため、出産内祝いの金額と品物は「出産前にある程度決めておく」ことをおすすめします。


出産前ならまだ時間の余裕があるでしょう。そのタイミングを活用し、内祝いの内容を決めておけば、後になって「内祝いを準備し忘れていた」「お返しすべき人がリストから漏れていた」などと焦ることもないですね。


出産内祝いの相場は?


出産 内祝い


個別で内祝いを贈りたい大切な人や、出産祝いを遅れてもらった場合などです。


基本の相場は先程述べたように「いただいた出産祝いの半額〜3分の1」が目安ですが、関係性によって判断しましょう。


両親への内祝い相場


「10,000円〜30,000円」が一般的とされています。


親から子供へ贈る出産祝い金額は50,000円〜100,000円がボリュームゾーンですが、マナーに沿って半返しをすると金額が多過ぎてしまいます。


両親は、我が子が産んだ赤ちゃん(=孫)の誕生で「嬉しい!祝福したい」という思いからお祝いを包んでいますので、その気持ちに甘えてかまわないという考え方が一般的です。あまり多く返し過ぎないようにしましょう。


兄弟・姉妹への内祝い相場


「3,000円〜15,000円」が基準です。


ただし、ここでも「兄や姉」に対して贈るのか、「弟や妹」に対して贈るのかによって金額に幅が出てきます。


目上である兄や姉に対しては、頼るという意味で少なめのお返しをします。そして、目下である弟や妹には半分の額を目安にすることで、自分の顔を立てるようにするのがマナーです。


親戚への内祝い相場


「3,000円〜15,000円」を目安にしましょう。普段どの程度の付き合いがあるかによって金額を決めていきます。


普段から親しく付き合いのある親戚なら、甘えるという意味で3分の1程度、疎遠な身内の場合には半分にすると考えておきましょう。


職場の人への内祝い相場


「1,000円〜5,000円」程度の品物を贈りましょう。


これまでの考え方と同じように、上司や先輩などの目上の人へお返しをする場合には3分の1、同僚や後輩などには半分程度を目安にすると良いですね。


先にもご説明しましたが、上司だからと言って気を遣って半額以上の高価なお返しをしてしまうと、上司の顔を潰してしまうことになりますので注意しましょう。


友人への内祝い相場


「1,600円〜5,000円」と考えておきましょう。


また、先にもご説明しましたが、連名でもらった場合には全員にお返しをすることを忘れないようにしてください。


例えば、4人の友人から合計10,000円のお祝い金をもらった場合、1人あたり2,500円のお祝いをくれたことになります。その場合は、1人あたり1,250円前後のお返しが良いでしょう。


もしも「1万円」を出産祝いでもらったら?


ここで、具体例をご紹介します。出産祝いとしてもらう金額でポピュラーな「10,000円」の場合です。


このケースでは「3,000円〜5,000円」を目安にします。相手が目上の人か、目下の人かによって金額の幅はありますので、基準として考えてください。


まとめ


出産 内祝い


今回は、出産内祝いの金額相場について詳しく解説しました。基本的なマナーである「3分の1」または「半分」という目安さえ覚えておけば、出産祝いでいくらもらったかによってお返しの金額を計算することができます。


「3分の1と半分は、どちらを選べば良いのか」については、お返しをする相手が目上の人か、目下の人かによって異なります。


迷ったら、相手別の金額相場をご紹介しましたので参考にしてくださいね。



この記事へのお問い合わせはこちら >>

ギフトを探す

出産内祝い ギフトを探す

SERCH


当店一番人気は、大手メーカー公式サイトと同じモデルを卸値直販する『コスパ重視カタログギフトシリーズ』です。
百貨店や式場・ホテルで取り扱いのある、大手メーカー公式、最新版のカタログが最大52%OFF!
最大1750アイテムから好きなものが選べるので、どんな方にも喜ばれます。
割引・価格は贈り先様には分かりません。

一流ホテルや百貨店で取り扱いモデルを中心にメーカー公式最新版カタログギフトを卸値で直販!

出産内祝いに喜ばれるカタログギフト一覧はこちら
ページの一番上へ

申し訳ございません。お客様がお使いのインターネットエクスプローラーのブラウザは、当店の注文システムに対応しておりません。

ご注文をご希望のお客様はgoogleChromeまたは、Microsoft標準ブラウザのedgeでの閲覧をお願いいたします。