出産内祝いで悩んだら!友人・親戚など相手別「選び方のコツ」

2020年12月10日

出産祝いのお返しである出産内祝い、選ぶのに悩んでしまいますよね。そんな人のために、内祝いの選び方についてまとめました。


友人・上司・親戚など、相手に合わせた選び方もご紹介しているので、贈り物選びに困っている人はぜひ参考にしてみてください。


出産内祝いの基礎知識


出産内祝い

「出産内祝いは出産祝いをもらったら贈るもの」と、一般的に認識されています。ここでは出産内祝いの基礎知識として、マナーや注意点をご紹介します。


内祝いには色々な種類がある


「内祝いとはお祝いをもらったら贈るもの」というイメージが強いですよね。しかし、内祝いの持つ本来の意味は「一族にめでたいことがあったとき、その喜びをおすそ分けするために、周囲の人に贈り物をする」ことです。


「めでたいことがあったとき」ですので、出産内祝いに限らず結婚内祝いや新築内祝いなど、内祝いの種類は様々です。


相手がお祝いをくれたかどうかに関わらず、喜びを分かち合うために贈り物をするのが内祝いの本来の意味です。


相手に失礼にならない内祝いのマナー


内祝いにはマナーがあり



  • 「現金は避け品物を贈る」

  • 「お祝い事にふさわしいのし紙を付ける」

  • 「金額はもらったものの半分程度〜3分の1」


などが基本です。


しかし、出産内祝いを初めて贈る場合は、贈答の経験があまりない人だと気づかずにマナー違反をしてしまう場合があります。


年配の方は礼儀を気にする人も多いので、相手に失礼のないようマナーを守りましょう。


出産内祝いで気を付けること


出産内祝いで気をつけることは「時期」と「値段」です。


出産内祝いの場合、赤ちゃんの生後1ヶ月頃に行うお宮参りを目安に贈るのがベストな時期だといわれています。


内祝いの値段は、相手に負担を感じさせないよう、もらったものの半分程度〜3分の1ぐらいとされています。


絶対に守らなければいけないというわけではありませんが、基本的なマナーとしてしっかり押さえておきましょう。


出産内祝いの選び方


出産内祝い


悩んでしまいがちな出産内祝いの選び方について「友人編」「上司編」「親戚編」に分けてご紹介します。


相手に合わせた品選びを


出産内祝い選びに大事なのは「贈る相手に合わせて選ぶ」ということです。言い換えれば「相手との親密度や距離感を考える」ということになります。


例えば、あまり親しくない友人に「赤ちゃんの写真や名入れギフト」など手の込んだギフトを贈ると、その友人からすれば「なんでこんなにいい物を?」と贈り物を素直に喜ぶことができないかもしれません。


出産内祝いを選ぶ際は、相手との関係性をよく考えて選ぶようにしましょう。


内祝いの品選び「友人編」


「親友」と呼べるような親しい仲の友人なら、相手の好みがよくわかっていますから、相手の好きなお菓子の詰め合わせなどを選ぶといいでしょう。


困るのは、たくさんの友人に一斉に贈らなければいけない内祝いです。友人の数が多いなら「カタログギフト」がおすすめです。


カタログギフトは価格帯ごとに多数のコースが設定されているので、贈る側は予算に合わせてすぐにチョイスできます。一方、カタログギフトをもらった友人はカタログの中から気に入ったギフト商品を選べるので、こちらが相手の好みを考えて悩む必要がありません。


贈る方は手間がかからず、もらう方も好きなものを気兼ねなく選ぶことができ、さらにもらった相手にギフトの金額がわかりにくいことなどがカタログギフトのメリット。最近では内祝いにぴったりの品として注目されています。


内祝いの品選び「上司編」


上司に贈る内祝いなら、仕事に活用できるような実用性の高いものが喜ばれます。ハンカチ、タオルなどいくらあっても困らない日用品で、しかも上質素材で作られたものがおすすめです。


ただし、ハンカチは人気のギフトではありますがもともと日本語で「手巾(てぎれ)」と書くことから別れを連想させ、昔は縁起がよくないと考えられていました。上司の年齢層や考え方を踏まえた上で贈ったほうが無難です。


上司とある程度親しい仲で好物などを知っている場合、上司の好きなものを贈るという方法もあります。例えば、上司がお酒好きの人であれば「ビールセット」などのギフトを贈るといいでしょう。


上司からすれば「自分の好みをよくわかっている」と、嬉しい気持ちになるかもしれません。


目上の人への贈り物はここに注意


上司や年配の方など、目上の人に贈るのは「よくない」とされるものがあるのをごぞんじですか?


代表的なものは「現金・ギフト券」です。これらは「相手の生活を応援するために贈るもの」とされているので、目下から目上に贈るのは失礼な行為です。


また、靴下など「足に履くもの」を贈るのは上司を踏みつけにするメッセージと言われています。


目上の人や年配の人に贈り物をする際は細かなところまで気遣いが必要です。


内祝いの品選び「親戚編」


親戚など近い身内に贈る内祝いは「赤ちゃんの名入れギフト」や「フォトフレーム」が喜ばれます。子どもの写真が記念に残り、とても嬉しいものです。


また、赤ちゃんの出生体重と同じ重さのお米を贈るという方法もあります。お米はおめでたいことに使われるもので、出生体重のお米は縁起がいいですよね。


日本人の主食ですのでいくらあっても困ることもありません。米袋に子どもの名前などを入れるサービスもあります。


まとめ


出産内祝い


出産内祝いの選び方について相手との関係ごとにパターンを分けてご紹介しました。


マナーや品選びも大事ですが、手紙やメッセージを添えるなどして「いただいた出産祝いへの感謝を伝える」「相手の気持ちを考える」この2つを大事にしてくださいね。


あなたが相手のために一生懸命お返しを選び、しっかり感謝の気持ちを伝えることができれば、どんなものをもらったとしても相手は喜んでくれるでしょう。


相手に感謝の気持ちを伝えるという基本を守りながら素適な贈り物を選んでくださいね。



この記事へのお問い合わせはこちら >>

ギフトを探す

出産内祝い ギフトを探す

SERCH


当店一番人気は、大手メーカー公式サイトと同じモデルを卸値直販する『コスパ重視カタログギフトシリーズ』です。
百貨店や式場・ホテルで取り扱いのある、大手メーカー公式、最新版のカタログが最大52%OFF!
最大1750アイテムから好きなものが選べるので、どんな方にも喜ばれます。
割引・価格は贈り先様には分かりません。

一流ホテルや百貨店で取り扱いモデルを中心にメーカー公式最新版カタログギフトを卸値で直販!

出産内祝いに喜ばれるカタログギフト一覧はこちら
ページの一番上へ

申し訳ございません。お客様がお使いのインターネットエクスプローラーのブラウザは、当店の注文システムに対応しておりません。

ご注文をご希望のお客様はgoogleChromeまたは、Microsoft標準ブラウザのedgeでの閲覧をお願いいたします。