出産内祝いの相場と価格別のおすすめギフト紹介

2020年12月10日

出産内祝いの値段相場を知っておくことは重要なマナーの1つです。

お祝いのお返しをする際にあまりに高価なもの・安価なものを渡すと相手にあまりいい印象を持ってもらえないかもしれません。


赤ちゃんの誕生を祝ってくれた人へ失礼のないよう、お祝い事の基本的なマナーを押さえておきましょう。


今回は、出産内祝いの値段相場とおすすめの商品を紹介します。

出産内祝いの値段相場を知ろう




赤ちゃんが誕生した際には多くの人からお祝いをもらうことになるでしょう。もらった場合、お返しにはいただいた値段相場に見合った物を贈ります。


高すぎず安すぎない、妥当な値段の品物を送るのが大事です。値段相場から離れてしまうと相手の方に迷惑に思われてしまうかもしれません。


ここでは、出産内祝いの値段相場についてご紹介します。

いただいた額の半額〜3分の1が目安



出産内祝いのお返し相場は、例外もあるものの、一般的には半額から3分の1です。


ただし、自分より目上の人には3分の1、目下の人には半額を返すと考えておくとよいでしょう。


年長者には甘えさせていただくことで相手の顔を立てることになります。


一方、自分より下の立場の人には多めにお返しして余裕を見せるのがよいとされています。



もらったものの値段がわからない場合


もらったプレゼントの値段が分からない場合もあるでしょう。

ブランド名が書かれている場合は、ネットなどでも大体の値段を調べられますが、ノーブランドだったり、お店が分からなかったりすると値段を調べようがありません。


そのような場合はどうすれば良いのか迷いますよね。

おおよその金額でもよい


もらったものの値段が分からない場合は、インターネットで類似品を調べるなどでだいたいの値段予想を元に返礼品を考えてもかまいません。


しかし、相手が普段からお世話になっている目上の方だと、「本当にこの金額で選んでいいかな」と心配になるかもしれませんね。


そんな時はカタログギフトを贈るのがおすすめの方法です。カタログギフトなら金額は相手にはっきりわかりません。

また、相手が自分で好きな商品を選ぶことができることもメリットで、「相手が気に入ってくれるだろうか」と迷いながら品選びをする必要がなくなります。


そのため、近年では内祝いの返礼品としてカタログギフトの人気が上がってきています。

気軽なお祝いをもらった場合の内祝い


出産祝いで数人のグループから花束をもらったり、あまり値段が張らないものをもらうこともあります。その場合には、格式張らないお返しの品を贈るといいでしょう。


例えば、ミニタオルやハンカチなどのプチギフト、みんなで分けやすいお菓子の詰め合わせなどが手頃でおすすめです。

出産内祝いの値段別おすすめ商品




出産祝いのお返しの品は、選ぶのに意外と手間取ることがあります。

もらったご祝儀や品物の3分の1〜半額のものと考えて渡すとなると、値段相当で気に入る品物を探すのも一苦労です。


ここでは、5,000円~15,000円までの価格帯ごとにおすすめの内祝いについて紹介します。

出産内祝い予算5,000円までのおすすめ


5,000円までの商品には、食品、ベッドシート、カタログギフト、食器、洗剤などがあります。


食品なら、フルーツのゼリー詰め合わせがカラフルで見栄えがします。また、高級感のある洋菓子のギフトセットなどもおすすめ。自分では買わないようなものをもらうと贅沢な気分を味わえます。


食器なら、ガラスや陶器のプレートセットなどがおすすめです。

プレートのセットやグラスのセットを贈るときは、食卓に華を添えるおしゃれなデザインを選ぶと来客用に活用してもらえるでしょう。


石鹸や入浴剤など、普段から使える日用品なら、上質な天然素材にこだわった贅沢感のあるブランド品をおすすめします。ブランド物の石鹸や入浴剤は普段自分用で購入する人はあまり多くないものです。プレゼントで贈れば相手に喜ばれるでしょう。

出産内祝い予算10,000円までのおすすめ


10,000円までの価格帯のギフトなら選択肢が広がります。

食品の例を挙げると、洋菓子や和菓子でもワンランク上の豪華な詰め合わせで、ギフトボックスに凝った見栄えのいいものも選べるでしょう。


食にこだわりのある相手なら、ブランド和牛のステーキセットなど、上質なお肉系も良いでしょう。


「食品は消費期限やアレルギーの心配があるから贈れない」という場合は、肌触りの良い上質なタオルやベッドシーツもおすすめです。

オーガニックコットンやフレンチリネンを使ったもの、国内で縫製されたものならギフトにぴったりの高級感があります。

タオルやベッドシーツは毎日使用する必需品なので多めにあっても困ることはないところも嬉しいポイントです。

出産内祝い予算15,000円までのおすすめ



15,000円までの予算なら、ティーセットやディナーセットなどの上質な食器セットが内祝いにおすすめです。センスのいい食器を普段づかいすれば毎日の食卓が賑わうでしょう。


食器といえば西洋の陶器ブランドが多いイメージですが、近年は日本の伝統工芸がモダンに生まれ変わり、ハイセンスなデザインで注目を集めているメーカーが多くあります。漆塗りや竹などこだわりの素材と技術が生かされており、幅広い年代に喜ばれるギフトと言えるでしょう。



まとめ



出産内祝い




内祝いの値段相場は、もらった出産祝いの3分の1〜半額です。いただいたお祝いの値段はインターネットなどで調べ、分からない場合はおおよその金額を予想して相場に見合った品物を渡しましょう。


また、品物を送りつけるだけでなく、必ずお礼の手紙やメッセージカードを添えて、感謝を伝えるのを忘れないでください。

今回お伝えした情報をあなたのギフト選びにぜひ役立ててくださいね。


この記事へのお問い合わせはこちら >>

ギフトを探す

出産内祝い ギフトを探す

SERCH


当店一番人気は、大手メーカー公式サイトと同じモデルを卸値直販する『コスパ重視カタログギフトシリーズ』です。
百貨店や式場・ホテルで取り扱いのある、大手メーカー公式、最新版のカタログが最大52%OFF!
最大1750アイテムから好きなものが選べるので、どんな方にも喜ばれます。
割引・価格は贈り先様には分かりません。

一流ホテルや百貨店で取り扱いモデルを中心にメーカー公式最新版カタログギフトを卸値で直販!

出産内祝いに喜ばれるカタログギフト一覧はこちら
ページの一番上へ

申し訳ございません。お客様がお使いのインターネットエクスプローラーのブラウザは、当店の注文システムに対応しておりません。

ご注文をご希望のお客様はgoogleChromeまたは、Microsoft標準ブラウザのedgeでの閲覧をお願いいたします。