出産内祝いの意味とは?基本マナーと定番ギフト

2020年12月10日

赤ちゃんが生まれて出産祝いをいただいたら、後で内祝いを贈るのがマナーです。


しかし、「内祝いってたまに聞くけど、どういう意味?」と疑問に思っている人もいるでしょう。


内祝いとは、現代では「お祝いをいただいたお返し」という意味で捉えられています。


今回の記事ではお返しのマナーや、贈って喜ばれるギフトをご紹介します。


お祝い事の贈答品の選び方など、いざとなると迷ってしまうことはよくあります。


基本的な知識を押さえておけば失礼のない対応ができるようになり、感謝の気持ちがきちんと伝わりますよ。


出産内祝いの基本的なマナーは3つ


出産内祝い


出産内祝いには基本的なマナーが3つあります。


内祝いの相場は「3分の1」から「半額」


出産内祝いの金額相場は、もらったお祝い金額の「3分の1」から「半額」がマナーとされています。


詳しい金額は、自分と相手との関係性によって決まります。


出産祝いをいただいた相手が「親族」「上司や先輩などの目上の人」の場合、内祝いは「3分の1」の金額を目安にしてください。


自分と関係が深い親族や目上の人からいただいたお祝いには、少なめの金額でお返しするのが基本です。


これは「相手の顔を立てる」という意味が込められているからです。目上の人に気を遣いすぎて半額以上の金額で内祝いを贈ってしまうと、かえって失礼に当たるので注意しましょう。


反対に、「普段付き合いのない親戚や友人」「部下や後輩などの目下の人」などには「半額」を目安にすると良いでしょう。


出産内祝いののし紙は「蝶結びの水引」


水引(みずひき)とは、のし紙に印刷されている紅白カラーの飾り紐のことです。ご祝儀袋なら実際の紐で作った水引が付いていますよね。


水引の種類は大まかに分けて3つほどあり、「結び切り」や「あわじ結び」なども有名ですが、出産のお祝い事に使えるのは基本的に「蝶結び(花結び)」だけです。


蝶結びは、片方を引っ張るだけで簡単にほどけて何度も結び直せることから「何度あっても喜ばしいお祝い事」のときに使われます。


出産にまつわる贈答の他にも、進学祝い・新築祝い・開店祝いなどがこれに当たります。


一方、「結び切り」「あわじ結び」が引っ張るほどに固く結ばれ、「一度きりであることが望ましいお祝い事」を表します。そのため、結婚祝いや快気祝いにふさわしい水引とされています。


出産祝いに結び切りやあわじ結びの水引を使ってしまうと「子どもが生まれるのはこれきりでいい」という意味に受け取れてしまい、贈った相手に驚かれてしまうでしょう。


出産にまつわる贈り物ののし紙は、「必ず紅白の蝶結びの水引にする」と、この際しっかり覚えておきましょう。


内祝いを贈るのは生後1ヶ月を過ぎた頃


出産の内祝いを贈るタイミングは、赤ちゃんが生まれて1ヶ月を過ぎたぐらいの時期がマナーです。生後1ヶ月の赤ちゃんは今後の健やかな成長を祈願するための「お宮参り」を行います。


このお宮参りを目安に赤ちゃんの両親が出産内祝いを準備することが一般的です。そのため、出産祝いを贈る側もお宮参りまでに贈り物が届くように心がけています。


ただし、中には出産祝いをもらうのが遅くなり、生まれてから数ヶ月経ってから届いた、という場合もあるでしょう。遅れて出産祝いをいただいた場合は、いただいてから1ヶ月以内を目安にお返しできれば問題ありません。


出産内祝いの本来の意味とは?


出産内祝い


内祝いとは、歴史的に見ると本来は異なった意味で使われていた言葉です。


昔はお祝いをいただかなくても、身内におめでたい慶び事があれば周りの人にもお裾分けの贈り物、すなわち内祝いを贈るという慣習がありました。


この本来の内祝いの意味に出産や結婚がつくと、「出産の幸せをお裾分け」、「結婚の幸せをお裾分け」という意味になります。


現代では内祝いとは、お祝いをいただいた「お返し」という意味で使われることが一般的です。


時代とともに慣習や言葉の意味が変化し、「出産内祝い」は出産祝いをいただいたお返し、「結婚内祝い」は結婚祝いをいただいたお返し、となったわけです。


現代の意味に合わせよう


内祝いの本来の意味を知ると、「どちらに合わせて贈るべき?」と迷うかもしれませんが、現代の意味で「いただいたお祝いへのお返し」考えて問題ありません。なぜなら、今となっては「お返し」の意味で広く通ってしまっているからです。


出産した側から贈り物をしてしまうと相手が驚いて「出産祝いを贈っていないのになぜ?こちらもお返ししなければ…」と気を使ってしまうでしょう。


関係がギクシャクしないためにも、現代の「出産祝いをいただいたお返し」と考えておきましょう。


出産内祝いにおすすめの人気ギフト


出産内祝い


最後に、出産内祝いにおすすめのギフトをご紹介します。何を贈ろうか悩んでいる人は参考にしてくださいね。


賞味期限が長いスイーツ


贈る相手が女性の場合、見た目がおしゃれなお菓子のギフトセットは喜ばれます。焼き菓子、ゼリー、チョコレートなどが内祝いの定番人気です。


特に焼き菓子の場合は赤ちゃんの名入れサービスに対応しているショップもあります。名前のお披露目を兼ねた良い記念になるでしょう。


スイーツを贈る時には、見た目のおしゃれさについ注目してしまいますが、贈り物として選ぶ場合は「賞味期限は短すぎないか」や「個包装で分けやすいか」という点に注意するのがポイントです。


せっかく華やかなスイーツを贈っても、賞味期限が短ければすぐに食べなければと相手を焦らせてしまいます。最低でも2週間以上の余裕を持って長めの賞味期限のものを選んだほうが安心です。


また、個包装のスイーツなら、贈られた方は少しずつ楽しんだり家族や友達に分けることもできます。このような細かな点も意識しながら選んでみましょう。


品質にこだわったタオルなどの日用品


日用品は「たくさんもらっても困らない」「いつかは使うもの」ですので、タオル・洗剤・石鹸などが内祝いギフトとして選ばれるケースは多くあります。


ただし、注意していただきたいポイントがあります。出産内祝いとしてタオルなどを贈るときに「赤ちゃんの名前」を刺繍・印字してしまうのはあまりおすすめできません。


祖父母のようにごく近い身内ならまだしも、それほど親しい関係でない相手からしてみれば、使い勝手が悪くなってしまいます。


赤ちゃんの名入れをするギフトは親族のみに贈り、そのほかの人には一般的なデザインのものを贈るなど、使い分けましょう。


カタログギフト


「相手の好みがわからなくて、何を贈れば良いのか悩んでしまう」という人は、ぜひ出産内祝い用のカタログギフトをチョイスしてみてください。


カタログギフトは、結婚式の引き出物などによく利用されるため「面白みがないのでは?」と感じる人もいるかもしれません。


しかし、カタログギフトの中には調理器具や雑貨、高級グルメなどのさまざまな商品が豊富に掲載されていて、その中から相手に好きなものを選んでもらえます。


特に出産内祝いの場合は一度に大勢の人に贈るケースが多くなります。1人ひとり相手の好みを考えて品選びや配送手続きをするのは大変な作業です。


カタログギフトをまとめて注文してショップから直送すれば、子育て真っ最中の大変な時期に時短ができる上、送料の割引サービスが適用されることもあります。上手に利用してみてください。


まとめ


出産内祝い


今回は、出産内祝いの本来の意味や基本マナー、贈って喜ばれるおすすめのギフトをご紹介しました。


内祝いは本来、身内であった喜びの幸せをお裾分けするという意味です。しかし、現代では「出産祝いをいただいたお礼としてのお返し」と認知されています。


基本のマナーを守りながら、相手に喜ばれる出産内祝いを贈りましょう。



この記事へのお問い合わせはこちら >>

ギフトを探す

出産内祝い ギフトを探す

SERCH


当店一番人気は、大手メーカー公式サイトと同じモデルを卸値直販する『コスパ重視カタログギフトシリーズ』です。
百貨店や式場・ホテルで取り扱いのある、大手メーカー公式、最新版のカタログが最大52%OFF!
最大1750アイテムから好きなものが選べるので、どんな方にも喜ばれます。
割引・価格は贈り先様には分かりません。

一流ホテルや百貨店で取り扱いモデルを中心にメーカー公式最新版カタログギフトを卸値で直販!

出産内祝いに喜ばれるカタログギフト一覧はこちら
ページの一番上へ

申し訳ございません。お客様がお使いのインターネットエクスプローラーのブラウザは、当店の注文システムに対応しておりません。

ご注文をご希望のお客様はgoogleChromeまたは、Microsoft標準ブラウザのedgeでの閲覧をお願いいたします。