出産内祝いのお礼状やのし紙の書き方は? マナーをしっかり確認

2020年12月10日

内祝いは出産祝いをいただいたあとに贈るものなので、初めて贈るという人も多いでしょう。以前に贈ったことがある人でも、マナーについてもう一度確認しておくと安心して贈ることができます。


お礼状の書き方やのし紙などについて、なじみの薄い内祝いの決まり事を確認しておきましょう。


出産内祝い、のし紙の書き方



まずは内祝いののし紙の書き方のマナーを確認していきます。


のし紙の上部は「出産内祝」や「内祝」と書く


のし紙には横一線に水引がかけてあるか、プリントがされています。その水引がかかっている上部は「どのようなお祝いの品物なのか」を書く表書きの箇所です。


今回は「出産内祝」や「内祝」の表書きを使いましょう。書くものは濃い墨の毛筆や筆ペンを使います。


ボールペンでは正式なお祝い事らしい体裁にならず、相手に失礼です。また薄い墨は弔事の際に使うものなので、間違えないように気を付けてください。


下部に書くのは赤ちゃんの名前


水引よりも下の名入れ部分に書くのは「だれがそのお祝いの品物を贈ったのか」です。


内祝いを用意するのは子どもが生まれた両親なので、両親の名前を書くのだろうと思われがちです。しかしこの場合は、名付けた子どもの下の名前だけを書きます。お宮参りで氏神様に赤ちゃんが生まれた報告をしてきたあとで、応援してくれる周りの人たちにもお披露目をするという意味合いがあります。


また「赤ちゃんが初めて贈りものをする感謝の気持ち」も表現されており、「お祝いをしていただいたことを赤ちゃんも感謝しています」と伝えるものでもあります。


生まれてきた子どもの名前は漢字で書き、その読み方もわかるようにふりがなを書き添えておきましょう。難しい読み方の場合はもちろんですが、簡単な読み方と思う場合でも、きちんと伝えることで相手に間違いなく知ってもらうようにします。


のし紙の書き方、双子を出産したときは?


のし紙の名入れ部分には、生まれてきた子どもの名前を書くということを確認しました。それでは、もし双子で生まれてきたときにはどのように書けばよいのでしょうか。


このときにもやはり、水引の下の部分に生まれた子どもたちの名前を書きます。2人の名前を書くことになりますが、右側に先に生まれた子の名前を、左側にはあとから生まれた子の名前を書きましょう。


こうすることでどちらがお兄ちゃん、お姉ちゃんなのかが贈られた相手にも分かります。さらにメッセージカードやお礼状にも、念のためにどちらがお兄ちゃん、お姉ちゃんなのかを書いておくとより間違いなく伝えられます。


出産内祝い、のし紙のマナー



それではどのようなのし紙を選んだらよいのか、のし紙を選ぶときのマナーについても確認していきましょう。


紅白の蝶結びの水引にする


のし紙に付ける水引にはさまざまな種類があり、その水引の色や結び方などでそれぞれに込められた意味合いは変わってきます。内祝いを用意するときには、紅白の蝶結び(花結び)の水引を選ぶようにしましょう。


紅白の色には「おめでたい出来事へのお祝い」であることを示す意味があります。また蝶結びは日常でもよく使う結び方ですが、手軽に何度でも結び直すことができますよね。


結び方を蝶結びにすることで、「何回あったとしてもうれしい出来事」であることを示しています。


出産内祝いなら内のしが好まれる


贈る品物にのし紙を付ける方法にも2つの種類があります。包装紙よりも外側に付けると「外のし」と呼ばれ、包装紙をかける前に品物にのし紙を付けることは「内のし」と呼ばれます。


のし紙を付けるときによくある形式は「外のし」のほうです。「外のし」の場合だと贈り物がより豪華に見え、お祝いの気持ちが前面に出ていることが伝わります。


相手によい出来事があった時などに「おめでとう!」と言って渡すのはこちらのほうです。


「内のし」だと逆に受け取った時にはのし紙が見えません。これは控えめなお祝いの気持ち、謙虚な気持ちを表しています。内祝いは自分によい出来事があり、その「うれしい出来事のおすそ分け」として贈るものです。よい出来事があったのは相手ではなく自分なので、控えめな体裁にしておくとよいでしょう。


また手渡しをするなら「外のし」、配達するなら「内のし」という考え方もあります。これは配達サービスを使うときに外のしだとのし紙が折れ曲がってしまうことがあるからです。


配達サービスを使うのであれば内のしにしておくことをおすすめします。


短冊のしは避けるのがベターだが品物次第


のし紙の種類には短冊のような細長い形の「短冊のし」もあります。これはお祝いの気持ちを簡易的に表すものなので、正式なお祝いである内祝いには避けた方がベターです。


しかし贈り物によっては通常ののし紙が使えない大きさの場合もあるでしょう。複数人でまとめた出産祝いを受け取り、そのお返しを1人ひとりにする場合などには1人あたりのお返しの額が少なくなり、内祝いで小さなものを贈る場合もあります。


こんなときには短冊のしを活用してもよいでしょう。


のし紙が付いていない出産祝いを貰ったら?


相手からのし紙を付けない出産祝いを贈られた場合、相手に合わせてのし紙を付けないほうがよいのかと悩むこともあるでしょう。のし紙を付けない贈り物はカジュアルなプレゼントとして友達同士で贈られることがあります。


しかし、こちらから出す内祝いにはのし紙を付けた状態で贈るようにしましょう。


出産内祝い、お礼状の書き方



内祝いを送る際に、プレゼントだけではなくお礼状も添えて送ると、より丁寧な気持ちが伝わります。とくに配達サービスを使って相手に届ける場合には、品物だけが届くよりも自分の言葉で感謝の気持ちを伝えるほうが、相手の印象もずいぶんと変わるでしょう。


ここからはそんなお礼状についての書き方を確認していきます。


お礼状に書く4つの内容


お礼状に書く内容は大きくまとめると4つです。

・出産祝いについての感謝の気持ち

・どんな名前にしたかとその由来

・母子ともに元気であるなど、家の様子

・結びの言葉、今後のお付き合いなどをお願いする言葉


これらの内容を盛り込めば、相手に感謝の気持ちと今の状態などが伝わるよいお礼状となるでしょう。


お返しという言葉は使わない


注意してほしいのが「お返し」という言葉を使わないということです。「出産祝いのお返し」という意味合いが強くなった内祝いですが、「お返し」という言葉には「受け取ったから仕方なく返すものを用意した」というネガティブなイメージもあります。


感謝の気持ちを込めて贈るものなので、そういったマイナスイメージのある言葉は使わないようにしましょう。


お礼状は手紙かハガキか


お礼状の体裁は、手紙・ハガキのどちらがよいのでしょうか。これは手紙にして封筒に入れると、とくに正式で丁寧な印象になります。


しかしハガキでも別に失礼というわけではなく、きちんとした感謝の気持ちを伝えられるものです。もし手紙の用意に時間がかかってお礼状を送るのが遅くなってしまうようであれば、ハガキで素早く送った方がよいともいえるでしょう。


出産内祝い、メッセージカードの書き方



メッセージカードを使って感謝の気持ちを伝える方法もあります。お礼状よりもカジュアルな印象のメッセージカードの書き方も確認していきましょう。


メッセージカードに書く内容


メッセージカードに書く内容もお礼状に書く内容と基本的には変わりません。「お礼状に書く4つの内容」で確認した通り、「お祝いをいただいた感謝の気持ち」と「生まれた子どもの名前やその由来」と「母子の現状」を書き、最後に「今後ともよろしくお願いします」などと伝えるようにしましょう。


メッセージカードを通販サイトなどで付けてもらう場合には、書ける文字数に制限があります。また、あまりダラダラと書いても印象がよくないものです。メッセージカードで送りたいときには、短めの文章で簡潔に感謝を伝えるようにしましょう。


出産祝いにいただいた品物への感謝の気持ちや、どのように使っているか、今の現状などをもっとしっかりと伝えたい場合にはメッセージカードではなくお礼状を送ります。お礼状であれば文字数の決まりはないので、書きたい内容を削ることなく書くことができます。


友達などなら手軽なメッセージカードでOK


メッセージカードはカジュアルな印象のものです。そのため、上司・お年寄りなどマナーを気にしそうな人や、しっかりしている印象を与えたい相手にはお礼状を送ったほうが丁寧な印象を持ってもらえます。


友達相手ならカジュアルな印象のものでも大丈夫です。むしろ堅く丁寧すぎる書き方でお礼状を送るよりもふさわしいと言えるでしょう。


かわいらしいカードやおしゃれなものなど、メッセージカードにもいろいろな種類やデザインがあります。好きなものを選んで自分らしさを出してもよいでしょう。


メッセージカードなら通販サイトでそのまま頼める


内祝いの準備にあまり時間をかけられない人であれば、通販サイトでお返しの品物を選び、同時にメッセージカードも付けてもらうように注文すると簡単にできます。通販サイトで頼む場合にはメッセージカードに書くことができる文字数がサイトによって異なりますので、文字数を調べた上で文章をシンプルにまとめることを心がけたほうがよいでしょう。


まとめ



今回は、のし紙のマナーやお礼状、メッセージカードの書き方について確認してきました。準備を簡単に済ませたい場合には通販サイトで注文するときに、のし紙やメッセージカードを付けてもらうようにすると手軽にできます


プレゼントにカタログギフトを贈ると、それぞれの相手に好まれそうなものを考える時間が短縮できて便利です。カタログギフトなら贈った相手が自分の欲しいものを相手に選んでもらえるため、その後長く使ってもらえるプレゼントにすることができるともいえるでしょう。



この記事へのお問い合わせはこちら >>

ギフトを探す

出産内祝い ギフトを探す

SERCH


当店一番人気は、大手メーカー公式サイトと同じモデルを卸値直販する『コスパ重視カタログギフトシリーズ』です。
百貨店や式場・ホテルで取り扱いのある、大手メーカー公式、最新版のカタログが最大52%OFF!
最大1750アイテムから好きなものが選べるので、どんな方にも喜ばれます。
割引・価格は贈り先様には分かりません。

一流ホテルや百貨店で取り扱いモデルを中心にメーカー公式最新版カタログギフトを卸値で直販!

出産内祝いに喜ばれるカタログギフト一覧はこちら
ページの一番上へ

申し訳ございません。お客様がお使いのインターネットエクスプローラーのブラウザは、当店の注文システムに対応しておりません。

ご注文をご希望のお客様はgoogleChromeまたは、Microsoft標準ブラウザのedgeでの閲覧をお願いいたします。