―豊岡鞄公式ギフトショップ―

足立

足立(アダチ)

パーツ類の卸から自社ブランド鞄の開発へ

パーツ類の卸から自社ブランド鞄の開発へ

1942年(昭和17年)から鞄の付属材料卸をしてきた足立。ナスカンやホック、YKKのファスナーといった金具のほかにテープ類など多種多様な製品を鞄メーカーへ卸し、絶大な信頼を得てきました。その一方で、近年は自社ブランドの鞄製造も手がけるようになり、スタイリッシュな豊岡鞄認定商品が人気となっています。

鞄付属材料メーカーならではのこだわり

鞄付属材料メーカーならではのこだわり

同社の企業理念は、「果敢にチャレンジして、未知の鞄をつくり続ける」。その考えは、そのまま鞄づくりにも表れています。「他社とは違った味付けを」という足立哲宏社長の言葉通り、鞄付属材料メーカーならではの細部へのこだわりは必見です。

鞄メーカーとしての土台を固めてきた

鞄メーカーとしての土台を固めてきた

廃業した鞄メーカーから製造設備と職人を受け入れ、2003年(平成15年)に鞄生産部門を起ち上げた同社。80年近い沿革の中では最近の出来事ですが、その後も同じように設備と人材を拡張し続け、多くの自社製品が誕生しました。

とにかくお客さまが安心して使えるものを

とにかくお客さまが安心して使えるものを

「私は2011年から5年間、豊岡鞄地域ブランド委員長をやらせていただきました。自らも豊岡鞄の製造に関わり、常々思うのは、とにかくお客様が安心して使えるものを、ということ。そのために自社ブランドの品質を上げていきたいですね」(足立哲宏社長)

~ 企業探訪 ~
知られざる企業の魅力をお伝えします

足立 ブランド一覧

ALBAPIE

ALBAPIE

(アルバピエ)

「生活の中に喜びをクリエイトするような、ワクワクするアイテム」を展開。

このブランドの
商品一覧を見る

足立 商品カテゴリ一覧

  • ショルダー・
    ボディバッグ
  • リュック・
    バックパック
  • メンズ
  • レディース

足立「ショルダー・ボディバッグ」の「メンズ」の一覧を表示中

足立

ALBAPIE

ボディバッグ【全 1 色】

ショルダー・ボディバッグ

20,900円(税込)

岡山県産「井原デニム」を使ったカジュアルなボディバッグ

この商品を見る

足立

ALBAPIE

ミニショルダーバッグ【全 1 色】

ショルダー・ボディバッグ

13,200円(税込)

豊岡鞄と井原デニムのクオリティを堪能できるミニショルダー

この商品を見る

足立

ALBAPIE

ショルダーバッグS【全 1 色】

ショルダー・ボディバッグ

17,600円(税込)

上質なセルビッジデニムの魅力が詰まったショルダー

この商品を見る

足立「ショルダー・ボディバッグ」の「レディース」の一覧を表示中

足立

ALBAPIE

口金マルチショルダー【全 4 色】

ショルダー・ボディバッグ

27,500円(税込)

豊岡の女性デザイナーが企画したマルチショルダー

この商品を見る

足立

ALBAPIE

2WAYキャリアケースS【全 3 色】

ショルダー・ボディバッグ

25,300円(税込)

かぶせ革のひねり金具がチャームポイントの人気アイテム

この商品を見る

足立

ALBAPIE

L字マルチショルダー【全 4 色】

ショルダー・ボディバッグ

24,200円(税込)

「財布」を多機能に進化させた便利なミニショルダーバッグ

この商品を見る

  • メンズ
  • レディース

足立「リュック・バックパック」の「メンズ」の一覧を表示中

足立

ALBAPIE

リュック【全 1 色】

リュック・バックパック

29,700円(税込)

オールシーズン使える、「井原デニム」のリュック

この商品を見る

足立「リュック・バックパック」の「レディース」の一覧を表示中

足立

ALBAPIE

キャリアリュック【全 3 色】

リュック・バックパック

29,700円(税込)

女性のビジネスバッグにも使えるデザインリュック

この商品を見る

足立

ALBAPIE

リュック【全 1 色】

リュック・バックパック

29,700円(税込)

オールシーズン使える、「井原デニム」のリュック

この商品を見る

取材担当・レポーター

新垣 大

スタッフレポート

金具やファスナー、テープ類など、無数のパーツが所せましと並んでいた倉庫。鞄付属材料の卸業者として歩んできた70数年の歴史が、そこにありました。

アグレッシブな社長が豊岡鞄に本格参入

アグレッシブな社長が豊岡鞄に本格参入

大学卒業後に東京のハンドバッグの問屋で4年ほど営業の仕事をしていた足立哲宏社長。その後、家業を継ぐために故郷・豊岡へUターンされましたが、間にニュージーランドへの留学をはさむなど、非常にバイタリティーが感じられる方でした。

そんな足立社長のアグレッシブさは鞄づくりにも表され、パーツの製造だけにとどまらなかったことにもうなづけます。

ページの一番上へ