還暦祝い、誰が主催する?主催者がすることは?

更新日:2021年7月12日

大切な人の人生の節目である還暦をお祝いしたいと考えても、「私が主催してもいいのかな?」と思っている人は多いのではないでしょうか。
「誰が主催するべき?」「いつやる?」「プレゼントは?」などと迷っている人のために、還暦祝いを行う流れをご紹介します。
お祝いをしたいと声を上げれば、本人はとても喜んでくれるでしょう。ぜひ温かい還暦祝いを企画してください。

大切な人の還暦祝い、誰が主催する?

還暦祝い 誰が主催還暦祝いは、60歳を迎えたことを祝う長寿祝いです。
これまで60年間にわたり積み重ねてきた人生をお祝いし、生まれ変わった気持ちでこれから先の人生も健やかに過ごしてほしいという思いを込め、大切な節目を盛大に盛り上げましょう。
そのためには主催者が中心になって、計画的に準備をしなければなりません。

主催するのは配偶者・子ども・部下・教え子など

還暦祝いは、本人が60歳の還暦を迎える年に家族・会社の部下・教え子などが主催して集まり、食事やプレゼントを贈るのが一般的です。
数名で集まるとなると、早めの準備が大切になります。集まって食事の場を設けるなら、還暦を迎える本人の健康状態や、家族の都合などを配慮して、皆が集まりやすい日に席を設けなければなりませんが、人数が多ければ多いほど日程調整は難しくなります。
なるべく早めに計画し、参加者の予定を押さえましょう。いつどこで何をしてお祝いするかを早めに伝えることが主催者の役目です。

主催者がお祝い当日までにするべきこと

主催者がお祝い当日までにするべきことは以下の4点です。

  • 還暦を迎える人にお祝いをしたい旨を伝える
  • お祝いの日を主役と相談し決める
  • 参加者に還暦祝いをする旨を伝え、出欠を確認する
  • お祝いの会に必要なプレゼントや会場を手配する

ポイントは、お祝いの日をいつにするか早めに決めることです。参加者が多ければ多くなるほど早めに決める必要があります。

家族で還暦祝いをする場合

還暦祝いご両親や祖父母が還暦を迎えた場合、家族みんなでお祝いしたいですよね。おすすめのプレゼントと併せて紹介します。

子どもや配偶者が主催しよう

お祝いの会は、還暦を迎えた人の子どもや還暦を迎えた主役の方の配偶者が主催しましょう。子どもが数名いる場合なら協力して主催するのも良いです。
還暦祝いは、還暦を迎えた人に一番に喜んでもらうことが目的です。無理のないように家族で協力しましょう。

家族の還暦祝いにおすすめのプレゼント

お祝いにはプレゼントが欠かせません。家族に贈るなら、事前に欲しいものがあるか聞いておくのもおすすめです。
リクエストがあればそれを贈り、リクエストがないならば記念になるアイテムを贈りましょう。
おすすめのプレゼントは、名入れできるアイテムです。食器やフォトフレームなどに名入れすることにより、特別な記念になります。日常的に使える物だと、なお良いでしょう。

一緒に旅行するのもおすすめ

プレゼントに物を贈るのではなく、一緒に旅行して思い出づくりをするのもおすすめです。旅行会社によっては還暦祝いプランもあるので活用しない手はありません。
旅行先を選ぶときは、自宅からあまりにも離れている場所や、移動手段が大変になると、本人の体に負担がかかります。
旅先ではいつもより疲れやすくなることもあるので、還暦を迎えた人の体調を考慮して行き先を決めてください。
一緒に旅行すると、普段別々の時間を過ごすことが多い家族でも、同じ時間を共有することができます。いつもは言えない感謝の気持ちをゆっくりと伝えることができるかもしれません。
また、お孫さんがいれば祖父母と旅をした思い出は一生忘れられないものになるでしょう。

職場の還暦祝い、誰が主催する?

還暦祝い 誰が主催会社で上司や社長が還暦を迎える場合は誰が主催すればいいのでしょうか。
部下や同僚が主催しよう
社長や上司の還暦祝いは、日頃からお世話になっている部下・後輩たちが協力して主催しましょう。
第二の人生のスタートを祝うと共に、これまでお世話になったこと感謝を伝えるチャンスです。
会社の規模によっては、お祝いの会の参加者が多くなります。そのような場合は1人で主催するのではなく、数名で協力することが欠かせません。

上司や社長におすすめの還暦祝いプレゼント

上司や社長には、最新式の健康グッズのプレゼントがおすすめです。
仕事の疲れを癒せるマッサージ器や、健康管理に役立つスタイリッシュなスマートウォッチなどを贈ると、「これからも身体を大切に、元気で活躍してください」という気持ちが伝わるでしょう。

体重体組成計などのデジタル機器をプレゼントする場合は、操作がシンプルな物を選ぶと活用してもらいやすいでしょう。

飲み会を開催すれば社員の交流にも

社内の会議室などに料理を持ち込んでお祝いすることもできますが、本格的に料理やお酒が楽しめる居酒屋・レストランを予約して飲み会を開催すれば職場の懇親会にもなるでしょう。
飲み会を開くならプレゼント代にプラスして飲食代がかかるため、主催者が予算のバランスを考えながら早めに予約を入れる必要があります。
参加者の負担が大きくなりすぎない程度に、1人あたり3,000円〜5,000円でプランを探してみてはいかがでしょうか。
また、お店によっては「還暦祝いで利用したい」と事前に伝えれば、サプライズのケーキなどを準備してくれることもあります。予約する際にお祝いサービスがあるかを必ず聞いておきましょう。

まとめ

還暦祝い 誰が主催還暦は「生まれた年の暦に還る」人生の節目です。
還暦を迎える人に喜んでもらえるように、主催者が中心になり早めにお祝いの準備を進めましょう。
家族が還暦を迎えた場合は、子どもや配偶者が主催するのが一般的です。
家族で協力しプレゼントや旅行を企画すればきっとみんなが楽しめるでしょう。また、ちょっとしたことですが、旅行の場合は事前に支払いを済ましておくと主役に余計な気を遣わせることなくスマートなので心に留めておいてください。
会社の上司や社長が還暦を迎えるなら、お世話になっている部下が主催するのが一般的です。
プレゼントは健康グッズがおすすめ。プレゼントを贈るだけではなく飲み会を開催するのも良いでしょう。
主催者が早めの準備をすることで、素敵な還暦祝いになるはずです。周りの人と協力しながら、主役に喜んでもらいましょう。

ページの一番上へ