カタログギフト香典返しの専門店

一流ホテル・百貨店で定価販売されている人気カタログギフトの最新版を卸値でネット通販いたします

ヘッダーバナー

1冊~大口歓迎 銀行振込 後払いOK

香典返しについて

香典返しについて

香典返しとは?

香典返しとは
通夜や葬儀で故人にお供えいただいた金品(香典)へのお返しのことです。

香典返しは本来 忌明法要のあとに行います。
お香典をいただいた方に対して喪主が直接持参し、お礼に伺うのがそもそもの香典返しのやり方でしたが、現在は挨拶状と共に個別配送するのが一般的です。


香典返しの目安について

香典返しの金額の相場は一般的に「半返し」と言われています。
いただいたお香典金額の半額相当の品物を目安として、お返しをされる方が圧倒的に多いためそのように言われます。
ご葬儀には故人に縁のある様々な方が参列されますので、香典返しも何種類か用意することになります。
当社取り扱いのカタログギフトは、2,600コースから50,600コースまでのご用意がありますので、必要に応じてお選びいただけます。
葬儀の際、「どなたにいくらお香典をいただいたか」をきちんと控えておくことで失礼のないお返しも可能となります。
葬儀は何かと忙しく混乱しがちですが、周りの方にお手伝いいただくなどして、しっかり管理すると良いでしょう。


香典返しとしてふさわしい品物

不祝儀ですから、一般的に香典返しには「すぐに使ってなくなる」消え物をお贈りします。
以前は、緑茶や海苔、洗剤、タオルなどの日用品が使われていました。
近頃は、受け取られた方が、ご自身で品物を選ぶことができる点で、カタログギフトがよく使われています。
香典返しの品として避けるべき物としては、「四つ足生臭もの」と呼ばれる、肉や魚類が挙げられます。
また、神事やお祝いの際に利用されることの多いお酒や昆布、鰹節なども香典返しにはふさわしくありません。


カタログギフトで選択肢を広げる

「すぐに使ってなくなる」消え物がよいとされますが、肉や魚、お酒などを直接香典返しとして贈ること避けたいところです。
お返しするお品物に困った場合は これらの品物が掲載されたカタログギフトならば問題ありません。
カタログギフトならば贈れる品物の選択肢も増えますし、なにより先様の好きなものを選んでいただけますから、現代の暮らしに合った新しい香典返しの方法として、人気を集めています。
そのほか選ばれる理由として、贈り主が品物を決めて返礼すると、品物が重なったり、同じような物ばかりになる事を避けるという気配りの表れでもあります。


香典返し、高額な香典に対する返礼

香典返し、高額な香典に対する返礼 返礼については「半返し」が基本となります。
親しくお付き合いされた方、ご親戚の方々からの香典は高額になることがあります。

香典返しは即日返し分を差し引いて考えるべきか?
通夜や葬儀の際の即日返しで「香典返しの品」をお渡しした場合でも、忌明けをめどに改めて多くいただいた分についてお返しすることをお薦めいたします。
香典のほかに供花もいただいた場合、それを含めて「半返し」を基本と捉え、トータルでお返しされると失礼がありません。


会社関係の方からお香典をいただいた場合

故人や家族の勤め先、取引先からいただくお香典はお返しの形も様々です。
送り主が会社(法人)なのか、社員の有志の方々からの連名なのか、または社長など個人名かによってお返しの仕方が変わってきます。
法人名義の場合は福利厚生費など会社の経費として扱われることが多く、香典返しは特に必要ありません。
ただ、同じ会社名義でいただくお香典でも法人としてなのか、社長個人としてのお気持ちなのか紛らわしいケースがありますので、社員の方々で分けられる菓子折などのお礼を用意しておくとよいでしょう。


香典返しをカタログギフトで

香典返しをカタログギフトで カタログギフトは贈り主様がご予算にあった価格帯をお選びいただき、贈られた方がご希望の商品を選んで申し込むと商品が届くというギフトです

贈り主様がギフトを選ぶ際は、先様の性別や年齢層にばらつきがあるときや嗜好がわからないときなど、その選択に悩んでしまうことがあります。
最近では参列者がお持ち帰りの際にかさばらないこと、日持ちの問題がないことなどから香典返しにカタログギフトをお選びいただく方が増えています。
タオル類やお茶などの定番商品ではなく、それ以外で考えたいという場合はカタログギフトの利用をおすすめいたします。
弔事の返礼では贈ってはいけない商品を選んでしまう心配もなくなります。


> 「葬儀・法要・四十九日の豆知識」へ戻る

「即日返し」と「後返し」

葬儀の当日に返す「即日返し」と忌明け後に返す「後返し」

香典返しには葬儀の当日に渡す「即日返し」と忌明け後に返す「後返し」の二通りあります。
「即日返し」は葬儀業者が概ね提携しているギフト業者に依頼し、通夜、告別式の会場で、参列された方がお帰りの際にお配りします。
「後返し」は葬儀を終えて約一月半後の忌明け時期に合わせて、香典をいただいた方に返礼します。
それぞれの特長をふまえ、ご検討ご相談されると良いでしょう。


「即日返し」をお考えの場合

即日返し 最近の傾向として即日返しがあります。
即日返しの場合は、事前にいただく金額を把握することはできませんので、会葬御礼も含めて2,000~2,500円程度の品物を用意しておきます。
5,000円のお香典をいただいた方には、この即日返しをもって香典返しを済ませたと捉え、それより多額の香典をいただいた方には、改めて忌明けの時期をめどにお返しをするとよいでしょう。
尚、通夜、告別式の場で配るため、発注先は葬儀業者になります。
その場合、一概には言い切れませんが定価販売が原則となり価格面でのメリットは期待できません。

スタッフ

会葬お礼品とは?
会葬御礼品は通夜や葬儀・告別式に参列した人全員に、足を運んでいただいたことへのお礼として、500~1,000円程度の会葬御礼品と会葬礼状と一緒に一律でお渡しすることをさします。
ハンカチやタオル、清め塩などが一般的で、最近では紅茶やお茶、コーヒー、クッキーなども人気で軽くてかさばらないものがもらう人の負担が少なく喜ばれます。


即日返しのメリット、デメリットについて

メリット
・忌明け後それぞれのお香典にあわせた商品選びをする必要がありません
・会葬にきていただいた方に直接お渡しするので、芳名帳に住所や名前が完全に記載されていない場合でも後々確認するなどの手間がかかりません。

 

デメリット
・当日返しの慣例がない方からは、会葬御礼品と誤解される可能性があり返礼品が届かないというクレームを受けるかもしれません。
・2500円程度の即日返しを用意している場合、5,000円以上いただいた方には、忌明け後にあらためて香典返しをする必要があります。
・高額の香典をいただいた場合、当日お渡しした即日返し分を差し引いて返すことになることが多いため、香典の額に見合った(半返し)のお返しができません
・会社の代表(代理)として複数の方の香典を預ってきた場合、複数のお香典返しを持ち帰ることは負担が大きくなり、後日渡していただく面倒を掛けることになります。

スタッフ

「即日返し」ではご心配の方に
即日返しでは、行き届いた返礼ができないのではとお考えの方には、葬儀当日は会葬御礼のみで 忌明け後に後返し(香典返し)されることをお薦めいたします


後返しのメリット、デメリットについて

メリット
・会葬御礼品と誤解されません。
・香典、供花などのご厚志にあわせて、キメ細かくお返しの品を選定・調整する時間的余裕ができます。
・芳名帳からリストを作成するにあたり、どのような関係者の方にお世話になっていたのかなど、故人様について振り返ることができます。

 

デメリット
・会葬者の方が多い場合は、特にリストの作成がとても煩わしく感じる方もおられます。
・その場でお渡しするのではなく、それぞれの方に個別に発送するので配送料がご遺族の負担となります。

スタッフ

当社はカタログギフトを卸値で直販、個別配送全国無料です!
掲載商品の内容を吟味し、お渡し後のアフターフォローも含めて、責任を持っておすすめできるカタログギフトを卸値でネット直販しています。
個別配送全国無料ですので、配送料のご負担もありません。

詳しくは「割引販売するカタログギフトについて」


-香典返しにつきましてお気軽にご相談ください-

 

ご不明の点、ご要望はお気軽にお問い合わせ下さい。
お急ぎの場合は直接お電話頂ければ、より迅速な対応が可能です。
詳細にわたりご相談、ご提案いたします

香典返しにつきましてお気軽にご相談ください

arrow

卸値で直販のため、取扱いメーカー・カタログ名をホームページ上で表示できません

まずは無料サンプル&仮見積をご請求ください。平日12時までのお申込で即日発送いたします

スタッフ

サンプル請求・お問合せはお電話でも歓迎です
大口・お急ぎの方もどうぞご相談ください

0120-370-777

ご予定のコースと数量で見積りいたします

通話料無料/携帯・PHS可 月~金 9時30~17時

お客様のご要望に合わせて、私たちが
最適なカタログギフトを提案いたします。

まずは無料サンプルカタログ(実物)にて
内容をご確認ください。
もちろん無理な売り込みはいたしません

インターネットやメールが苦手な方も、
お気軽にお電話ください。

カタログギフトのことはもちろん、
香典返しや冠婚葬祭に関するご質問にも
喜んでお応えいたします

スタッフ
ページの一番上へ
サイトメニューへ