カタログギフト香典返しの専門店

一流ホテル・百貨店で定価販売されている人気カタログギフトの最新版を卸値でネット通販いたします

ヘッダーバナー

1冊~大口歓迎 銀行振込 後払いOK

法事、法要について

法事と法要の違い

法要ってなに?

法要 一般に法事といいますが、厳密にいうと住職にお経をあげてもらうことを「法要」といい、法要と後席の食事も含めた行事を「法事」と呼びます。
法要とは故人を供養するという意味の仏教用語で追善供養ともいい、故人を偲び冥福を祈るために営みます。
冥福とは冥途の幸福のことで、故人があの世でよい報いを受けてもらうために、この世に残された者が供養をします。


仏教では法要を行う日が決まっています

死後七日ごとに四十九日まで行う忌日法要(きびほうよう)と、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌などの年忌法要(ねんきほうよう)です。
仏教では、死後七週間はまだ故人があの世とこの世の間をさまよっているとされています。
この四十九日間を「中陰(ちゅういん)」と呼んでいます。
死後、四十九日目で来世の行き先が決まるとされていおり、残された家族は故人が極楽浄土に行けるように、故人に善を送る(追善)法要を営むのです。
年忌法要は極楽浄土に行った故人がさらなる精進の道へと導くために営みます。
一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌とつづき、三十三回忌で長い修行の締めくくりとして、故人は菩薩(ぼさつ)の道に入り、「ご先祖さま=守り神」となります。
一般には三十三回忌、もしくは五十回忌をもって「弔い上げ」とし、法事の締めくくりとしています。


法要を営む日

忌日法要
初七日 しょなのか 命日も含めて7日目
二七日 ふたなのか 命日も含めて14日目
三七日 みなのか 命日も含めて21日目
四七日 よなのか 命日も含めて28日目
五七日(=三十五日) いつなのか(さんじゅうごにち) 命日も含めて35日目
六七日 むなのか 命日も含めて42日目
七七日(=四十九日) なななのか(しじゅうくにち) 命日も含めて49日目
百カ日 ひゃっかにち 命日も含めて100日目

 

法要を営む日 年忌法要
一周忌 命日から満1年目
三回忌 命日から満2年目
七回忌 命日から満6年目
十三回忌 命日から満12年目
十七回忌 命日から満16年目
二十三回忌 命日から満22年目
二十七回忌 命日から満26年目
三十三回忌 命日から満32年目
三十七回忌 命日から満36年目
四十三回忌 命日から満42年目
四十七回忌 命日から満46年目
五十回忌 命日から満49年目
百回忌 命日から満99年目

 

繰り上げ法要とは
葬儀から7日後ごとに行う法要を葬儀の当日に繰り上げて行うことをいいます。
通常、葬儀を終えた時点で故人が亡くなってから既に3〜4日が過ぎていますから、すぐに初七日となります。
そこで効率化というよりも、またすぐに招待するのも心苦しいとか、仕事の関係で出席できないとか、遠方からの会葬者への配慮の気持ちから繰り上げて行うようになったものです。
近年では省略して最初の七日(初七日)と最後の七日(四十九日)の法要の二回行うことが一般的になってきています。


神道では「霊祭」といいます

「霊祭」 神道では法要でなく「霊祭」といい近親者や友人・知人を招いて神官の祭詞奏上と会食を行います。
葬儀の翌日が「翌日祭」、その後10日ごと、
十日祭、
二十日祭、
三十祭(三十五日にあたる)、
四十祭、
五十祭(四十九日にあたる)まであり、五十日祭を忌明けとするのが一般的です。

式年祭 「式年祭」は一年祭、
二年祭、
三年祭、
五年祭、
十年祭、
以降十年ごとに五十年祭までありますが、実際は二十年祭程度で打ち切ります。
初盆は行わず春秋の「彼岸の中日」に先祖をまつります。

初七日から四十九日(七七日忌)まで

初七日

初七日 命日も含めて七日目に行うのが初七日です。
初七日は骨上げから二~三日後となります。
遠来の親戚に葬儀後、再び集まっていただくのは大変なので、葬儀の日に遺骨迎えの法要と合わせて行うことが多くなっています。


四十九日までの遺族の心得

遺影と枕花 葬儀のあと、遺骨、遺影、白木の位牌を安置し、花や灯明、香炉を置くための中陰壇(後飾り壇)を設けます。
中陰の四十九日間、中陰壇の前にできるだけ座り、お線香をあげ手を合わせておまいりしたいものです。
一般には四十九日までが忌中(きちゅう)で、この期間は結婚式などのお祝いごとへの出席や、神社への参拝は控えるようにします。


位牌の準備

白木の位牌と本位牌 白木の位牌は、葬儀の野辺送りに用いる仮の位牌です。

四十九日法要までは遺骨、遺影と一緒に中陰壇にまつりますが、四十九日までに漆塗りの本位牌に作り替えます。
四十九日法要を終えた後、本位牌は仏壇に安置しますので、仏壇のない家は四十九日までに手配が必要となります。

白木の位牌は、四十九日法要の時に菩提寺に納め、新しく作った本位牌に住職から魂入れをしていただきます。

お寺で四十九日法要を営むときは、本位牌を持参して魂入れをお願いし、帰宅後、仏壇に安置します。


もっとも重要な四十九日

忌明けの会食 四十九日は、初七日から七日ごとに受けたお裁きにより来世の行き先が決まるもっとも重要な日で、「満中陰(まんちゅういん)」と呼ばれます。
故人の成仏を願い極楽浄土に行けるように、家族や親族のほか故人と縁の深かった方々を招いて法要を営みます。
そして、この日をもって「忌明け(きあけ)」となるので、法要後、忌明けの会食を開きます。


納骨について

納骨はいつまでにすればいい?
納骨の時期については地域の慣習によって違いがありますが、忌明けの四十九日法要と合わせて納骨を行う場合が多いようです。
四十九日にお墓がない場合は一周忌を目安にお墓を用意し納骨するとよいでしょう。
遺骨は仏壇に安置しておいても構わないのですが、 たいていは霊園やお寺の納骨堂で預かってもらいます。
だいたい三周忌をめどに正式に納骨を行います。
お墓に遺骨を埋葬する時には埋葬許可証が必要です。埋葬許可証は失くさないように保管いたしましょう。


墓地について

骨壺と納骨 遺骨を埋葬する墓地は勝手につくることができません。
「墓地、埋葬等に関する法律」(通称「墓埋法」)で、都道府県知事の許可を受けた区域に墓地がつくられています。
墓地を運営する団体により、公営墓地、寺院墓地、民営墓地の3種類があります。
公営墓地は市町村などの地方自治体が設けるもので、使用者を公募で募集します。
応募のとき「その市町村に住んでいること」や「遺骨がすでにあること」などの条件がつく場合が多いです。
寺院墓地は、寺院が檀家のために寺院の敷地内に設けるものですから、その寺院の檀家になることが前提となります。
民営墓地は、宗教法人や財団法人が運営するもので多くの場合、広い敷地が公園のように整備されています。
運営主体が宗教法人であっても、宗旨宗派を問わないところがほとんどです。


形見分け

形見分け 故人が生前愛用していたものを肉親やゆかりの方々に差し上げることを形見分けといいます。
形見分けは四十九日を過ぎてから行うのが一般的ですが、高価な貴金属や美術品は相続税の対象となることがあるので注意が必要です。
故人より年上の方には、本人からの希望がない限り贈らないのが礼儀です。


百カ日

百カ日 百カ日は、亡くなった命日から数えて100日目の法要です。
「卒哭忌(そつこくき)」ともいわれ、泣くことをやめ悲しみに区切りをつける日で、家族や親族などの身内で法要を営むことが多いです。


> 「葬儀・法要・四十九日の豆知識」へ戻る

 

-法事、法要につきましてお気軽にご相談ください-

ご不明の点、ご要望はお気軽にお問い合わせ下さい。
お急ぎの場合は直接お電話頂ければ、より迅速な対応が可能です。
詳細にわたりご相談、ご提案いたします

法事、法要につきましてお気軽にご相談ください

arrow

卸値で直販のため、取扱いメーカー・カタログ名をホームページ上で表示できません

まずは無料サンプル&仮見積をご請求ください。平日12時までのお申込で即日発送いたします

スタッフ

サンプル請求・お問合せはお電話でも歓迎です
大口・お急ぎの方もどうぞご相談ください

0120-370-777

ご予定のコースと数量で見積りいたします

通話料無料/携帯・PHS可 月~金 9時30~17時

お客様のご要望に合わせて、私たちが
最適なカタログギフトを提案いたします。

まずは無料サンプルカタログ(実物)にて
内容をご確認ください。
もちろん無理な売り込みはいたしません

インターネットやメールが苦手な方も、
お気軽にお電話ください。

カタログギフトのことはもちろん、
香典返しや冠婚葬祭に関するご質問にも
喜んでお応えいたします

スタッフ
ページの一番上へ
サイトメニューへ